蜂蜜★皇帝:岐阜を愛してくれないとチクッといくよ?

ほら、ご覧。ふと気付いたらポストにねじ込んである無料宅配誌だよ。これを定期的に読みたければ君たちもこっちに移住しちゃいなよ。物価は安いものの働く場所は東京都の8万分の1以下だけど。んなこたあない。そこで君たちは「蜂蜜★皇帝(はちみつエンペラー)」を知ってるかい?ハハハ、これがカバヤ食品の新種のチョコレート菓子でもなければ吉本興業の住みます芸人でもないんだよ。岐阜発にして初のご当地アイドルなのさ。gyははははははh!大きな爆笑、略して大爆笑だよね。1人が女王蜂で他は働き蜂という設定自体がインドのカースト制度の上を行く独裁君主と感じるのは僕だけだろうか。しかし、公式略称が「はちペラ」であったり「つのだ☆ひろ」のように名前に★を入れられたり画像の右下のように「尻毛」と書かれた画用紙を持たされたりと彼女たちもある意味、悲劇のヒロインなのかも知れない。ちなみに、尻毛は「しっけ」と読んで岐阜市にある地名なんだ。きっと道一本を挟んだ「木田」に入りたかった住民も何気に多いことだろう。だから、そんなことはどーでもいいんです。口が縦と横に裂けてもキレイとは言えないけれど、かと言って稀に見る極上のブサイクでもない中途半端なところが岐阜っぽい彼女たちを今後ともよろしくね。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとらー より:

    たしか以前「モンソレイユ415」ってアイドルがいたと思ったけれど。由来は日ノ出町4丁目15番地だってさ大和田(爆)因みに表紙の一番右側の子は知り合いの娘だお。けっこういい歳なはず。尻毛は中学の校下だったから本数を数えられるほど知り尽くしてる。近島でもなく旦島でもなく尻毛に揖斐線の急行が止まることがなんとも解せなかったんだよ。でも隣の又丸とセットで全国でも人気の駅だったのは探偵ナイトスクープ情報。

    • 砂漠王 より:

      朝っぱらから濃厚なシリアルバーをむさぼり食ってご満悦の僕がいる。ハハハ、さとちゃん、おはよ!全国クーよりローカリーなネタはツッコミどころが満載ですっげぇ楽しいよね。そもそもこんなものを大々的に取り上げるくらいだから発行元の中広もネタがないんだろうね。だったらオールページを玉宮界隈のポン引き反対活動一色にすればいいのにね。僕、朝っぱらからステキなことを言ってるみたい。では、小雨が止んだら甘党三昧のために和菓子を買いに一滴増す!