悔いる過去と悩める未来を払拭して今に生きよう

嫌でもCMで流れている「共立美容外科、共立美容外科~♪どこ見てんのよー!」というはるな愛のしゃがれた歌声のリフレインが止まらない今日この頃、桜の開花を前に高須クリニックで14回目のプチ整形でもしたろかしゃん。いやいや、この際、大掛かりなリノベーションもいいかも知れない。「え?本当にいじったの?」「ちゃんと見てご覧。さすがに13回もいじりまくってこのレベルでは高須院長に申し訳ないだろ」。ハハハ、バカ野郎!はい、外見も内面もいい感じに発酵しかけている初老の巻頭文はここまでです。僕は今、スタバ@岐阜正木店の2階の窓辺で一人きりミルクを豆乳にカスタマイズした「ムースフォームキャラメルマキアート」の豆乳バージョンを左隣と真後ろにいる2組のカップルの会話を邪魔するべく75デシベルの音量ですすっている。ま、それも大人気ないと思いますよ。ちなみに、今回の場合は「おとなげ」と読んで「だいにんき」ではないので念のため。僕はスタバが大好きだ。ここでの時間とこの空間は20代の頃に静岡県浜松市のスーパー石原の前で下着泥棒と間違われて泣きそうになった忌々しい過去も実親から勘当されて入る墓や仏壇もないためいい感じに途方に暮れそうな燦然と輝く未来も忘れることができるんだ。だが、忘れるだけでは再び思い出すので何の解決にもならないことは自明の理。だったら、今に没頭し続ければいい。目の前のフラペチーノをすすることだけに没頭し続ければ永遠に気にならなくなる。積極的に何かを消すには超ド級のエネルギーが必要だが、永遠に気にならなくなれば元から消したも同然。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとろー より:

    理由もないのに川北にいることなど無いとは思うけれど、なるほど。何か強烈に忘れたいことか漠然とした将来の不安があったんだね。そこの2階はかつて一度しか利用したことが無いけれど、残念ながら窓際の席は女子高生に乗っ取られて座れなかったんだよね。ま、どーでもイーデスハンソンさん。それはそうと殆どデマゴーグの様に政府が不安を煽るもんだから、キャンセルが400人以上も出てしまったよ、マジで。この先、持ちこたえられるかしゃん。

    • 砂漠王 より:

      ほとんど気付かないくらいの軽症なのにモーレツにあおりすぎだよね。毎年、風邪が原因の死亡のほうが圧倒的に多いだろ。ハハハ、さとちゃん、おはよ!僕の予想では3月いっぱいで終わるね。その根拠は4月の桜の開花の話題で世の中の気がそっちに向くから。そんなもんだよね。だから、この3月を乗り切ってくれたまえ。4月にはパーッと新春会を朽ちかけのジジイたちでやろうじゃないか。