中小企業の昼下がりの人事(前編)

2020年『青春18きっぷ@春の陣』の幕は開けない。とうに販売しており、すでに利用できるが泣いて見送ろう。早朝から胃腸は快調だが断腸の思いだ。今回だけは仕方ない。パパは不死鳥の如く快調なのに次女は玉宮町のように不調だった。青息吐息の玉宮町のお店に行って数千円でOKだからお金を落としてあげてください。僕はと言えば、12月17日の熊の如く厳しい時代を生き残るべく小銭の備蓄に勤しんでおります。はい、生まれて55年とほぼ半年間、ずっとこんな奴ですこの私。ハハハ、思う存分、憎むがいい。晩秋の弱った蚊に刺されたほどにも感じやしない。お話を戻そう。体調が右肩下がりの次女は会社を休んでかかりつけの病院で診察してもらったら風邪だった。次女はその旨を直属の上司に伝えると、その数分後に部長から電話があった。次女曰く「これでは身も心もまったく休まらない・・・」と。よく「君がいないと会社も困るんだよ」と名古屋は栄の中日ビルに一旦、集合して行う合コンでも聞かない歯の浮くようなこっ恥ずかしいセリフを吐く上司がいるが、君がいなくなって困るような会社なら白亜紀が終わる前に潰れている。このいい感じの流れで一気に「課長・部長・社長」の適正について語ろうと思ったが、セブンイレブンで買ったシュークリームをむさぼりながら録画した『相棒』を見なきゃいけない僕は磯が死んで明日に続く。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぴー より:

    こいつがいては会社が回らんってことはきっとあるよね。会社はお前の持ち物じゃねーよってケースだね。今、玉宮ではね、何軒生き残れるだろ?なんて冗談にもならない噂が飛び交ってるよ。小銭を貯めてせっかく甲子園に遠征しようと張り切っていたダルマのKちゃんも結局、無観客試合になると聞いて、ただでさえ無い肩を一段と落としてたな。18切符も残念だけど、今だったらどこへ行ってもガラガラじゃない?自分だったら行っちゃうな。

    • 砂漠王 より:

      毎日、腕立て伏せをやって筋肉を付けるのはいいけれど大胸筋ばっか張ってなで肩の改善にはまったく影響していないリアルに打ちのめされているおスギです。ハハハ、さとちゃん、おはよ!さとちゃん、君と出会って15年と3か月だけど初めていいことを言ったようだね。そうなんだよ、行っちゃいたいんだよ。でもね、訪れた先はガラガラピーでも電車の中という密室が気持ち悪い。僕、プチ鉄っちゃんだけど同時に異常なケッペキーでもあるんで以前からそうだったの。今ね、玉宮でパーッと使うための小銭を貯めているんだけど5800円くらい貯まったよ。