やっぱりステーキに見る「毛嫌いされてきた潔癖症が世界を救う」という現実

「一瞬」「電光石火」「刹那」「あっと言う間」のどれが物理的に最も短い時間だろうか。僕曰く、精神的には「刹那」のような気もする。ま、僕にまともな精神があればの話だが。はい、今のところほぼない。日曜日は肉曜日ってことで、諸般の事情により僕が入ることのない先祖の墓を参った後、予定どおり『やっぱりステーキ』に来ちまっただよ。肉だよ肉。肉さえ食えば免疫力が↑するだよ。予定どおり券売機の前に立つと「ヒレステーキ(150グラム)」のボタンを白い右手の人差し指を折り曲げると第二関節の先端でポチッと押しちまっただよ。誤解しないでほしい。新種の菌に怯える安い世間とは次元が違い今回の大騒動に限らずはるか昔からエレベーターに乗る際にもほぼ100%接触面を小さくしていた僕がいる。ちなみに、宅配便が来るとその箱や封筒をウェットティッシュで入念に拭きまくっている僕もいる。ここまで潔癖症だと荷物が届くたびに磯が死んで大変なんだよ。居酒屋でも「はい、お待ち!」と叫びながら刺身を持ってくるな!お前の唾液が飛び散るだろが!とはるか昔から思っていたし、神田町のパン屋で野ざらしの商品を見るたびに「ラップをかけろ!」と震えながら憤っていた。バイキングやビュッフェなど愚の骨頂だぜ。ハハハ、時代がやっとこの僕のライフスタイルに追いついてきたようだね。だから、いいことなのか?はい、生まれて55年とほぼ半年間、ずっとこんな奴ですこの私。肝心のヒレステーキだけど何気にフツーだったよ。とは言え、ライスとスープとサラダは食べ放題のセルフサービスだったけど大和田(自爆)。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとりん より:

    スギちゃん殺すにゃ刃物は要らぬ。咳の一つもすれば良い、ったね。免疫できたねぇ〜だろ〜なぁ〜。バリ島駐在を言い渡されたアメリカ人の知り合いが、一番最初にやらされたのは現地で水を飲む事だってさ。三日三晩ベッドから起きられなかったと。その後はどれだけ飲んでも平気になっちゃったって。良いのか悪いのか。

    • 砂漠王 より:

      頭痛ぇ・・・。ひょっとしたら?と疑心暗鬼になったものの、よく考えたらほとんど出掛けていない僕の頭痛の原因は肩凝りだった今日この頃、これも一種の労災だね。知り合いが新婚旅行にバリ島へ行って、ミクロ単位で水には気を付けて氷もミネラルウォーターを使ったんだけど最終日にサラダに付いていた水滴にやられて撃沈した!という話を聞いてから監禁されるならバリ島より監獄のアルカトラズ島のほうがマシかも知れないと本気で思ったおスギだお。