長良川うかいミュージアムで原価は0の長良川と金華山と岐阜城と融合した僕

長良川を眺めるたびに佐良直美を思い出しませんか?僕は47回に3~4回の割合で思い出します。一週間前に郡上八幡を訪れた際、長良川に合流する吉田川に「世界平和」という願いを込めた誰にも見えない小舟を水面に託した僕のささやかだけれど崇高なる熱き想いは長良川の静かな流れに乗って無事に世界へとつながる海に注がれたのだろうか。はい、三島由紀夫っぽい巻頭文はここまでです。革フェチでもあり川フェチでもある僕が言うからには間違いなく四万十川より確実に長良川のほうが清流だろう。異議申し立てがある高知県民、いつでもかかって来なさい。僕は誰の挑戦でも逃げる。そのとき僕は55歳で長良川うかいミュージアムの景観ラウンジで美しい自然の気配と戯れていた。

ほら、ご覧。こんな感じだよ。深緑の長良川と青空に映える金華山、その頂にそびえる岐阜城が実にマーベラスだとは思わないか。本当に岐阜市民で幸せだと思うけれどいつでも函館市民になる準備はできている。当然、名護市民と熱海市民も以下同文。その帰りにバーミヤン岐阜公園前店を訪れるとピッピッピと調子こいてオーダーしまくったせいで腹が立つほど満腹になったし真剣に腹が立った。タブレット端末を用いるオーダーは指が震える55歳の男にはデンジャラスだぜ。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぴー より:

    鵜飼ミュージアムに行かない記録継続中。無理強いされても多分行かないけれど、ボディアッパーを食らわされて気が遠くなったところを拉致されたら行かないわけにはいかない。あそこでレストラン経営の話を持ってこられたけれど、他所に振って良かったよ。エルフラットの大平君は泣きをみたね。遠くから見るだけでなく、たまには一緒に登ってみようか。岐阜城は近くで見てたまにガッカリすると逆に遠くで見ている有り難みがわくよ。

    • 砂漠王 より:

      エルファットってなんちゅう大デブやねん!と思いきや、エルフラットだったのね。ハハハ、さとちゃん、おはよ!最初は施設内のレストランで食べようと思っていたけど今ひとつパッとしそうもない感じだったのでバーミヤンに方向転換した僕だった。バーミヤンに負けるとはドンキに身売りしたアピタ以下だね、チーン。そんなことより僕たちで中年自警団を発足しようじゃないか。かかと落としのさと。後家殺しのおスギで玉宮界隈の治安と繁栄を守ろうじゃないか。不景気だと物騒な世になるんだよねぇ。困ったもんだぜ。