いい人を演じると悪い人になる

「杉山さん、私は杉山さんのためを思ってお誘いしているんですよ」という勧誘があったとしよう。弘道のためを思ってくれるなら未来永劫、放っておいてくれ。それなのに「だよね。あの人もすごく忙しい身なのにわざわざ誘ってくれたことだし、断るにしても話を聞いてからにすればいいよね」は命取りだ。「せっかくだから話だけでも・・・」と一度でも許しちまうと「あぁ、この手のタイプはゴリ押しすればそのうち落ちる」と何度でも勧誘にやって来るんだ。奴らはそういう生命体なんだ。マルチ商法やそっち系の勧誘を行う奴なんてそういう微生物に決まっとる。では、弘道はどうすればOKなのだろうか?とにかくスルーしよう。理想は無反応。「どうしよう・・・」と困惑した表情を少しでもすると奴らは「ふ、困ってやがんの」と喜ぶんだ。空気を読めない奴は自ら地雷を踏むが、意地でも空気を読まない奴はメンタル最強!いい人を演じていると最後は根負けして悪い人になる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むしか より:

    先日セントレアでヤバそうな勧誘にあったので、のっかってちょっと行ってきます。息子を連れて、社会勉強という名目で。90分の苦行で15,000円の昼豚汚職事件ナリ。

    • 砂漠王 より:

      虫ちゃん、今朝は3時から起きてるんでひたすら眠い・・・。30代の頃は積極的にマルチや新興宗教のセミナーにるんるん気分で参加すると無理難題の質問を繰り返した挙げ句に罵倒しまくって無事に生還する命がけのゲームを楽しんできた僕だけど、今では「あぁ、じゃあ僕、お金払いますぅ」とすぐに言いそうなくらい弱っちいので胡散臭いものと危なっかしいものを察知するアンテナだけは研ぎ澄まされているの。

  2. さとちゃ より:

    ミスドでお茶でもしない?おごるから。断る理由も相手次第だよね。勧誘ったって『もっとうちの店を使ってよ』くらいしか言えないし。ところでミスドのメニューに緑茶ってあったかな?何でもかんでもお茶で片付けるんじゃねぇよ。

    • 砂漠王 より:

      ねぇ、この僕とお茶しないかい?そうだな、待ち合わせは渋谷で5時ね。おいおい、往復2万円のお茶かよ!はい、なんとなく大都会の巻頭文はここまでです。ハハハ、さとちゃん、おはよ!不景気な世になると風呂場の黒カビのようにはびこるのが新興宗教とマルチだよね。あの前向きな勧誘能力というか営業力をフツーの会社の仕事に発揮すればモーレツに成績を上げると思う僕がいる。そんなことより今日の晩ご飯は2日目のチキンカレーだよ。今からワクワクが止まらないよ。