第一印象のリアルとイメージの是と非

「不要不急の外出」と「扶養の普及が異質」はそれなりに似ているものの確実に意味が理解できない今日この頃、結衣ちゃんの胃腸風邪は見事に完治したけれど今度はそれが莉子ちゃんに移っちまった巻頭文はここまでです。ったく、困った菌だぜ。その結衣ちゃんが「りこだけじゃなくてね、パパとママにもうつっちゃったからね、きょうはほいくえんにいくきぶんじゃないんだ・・・」とのこと。ハハハ、そりゃそうだ。自分以外の3人が病院で並んで点滴を打ってんだから。ってことで、今日はお預かりしたジイジの僕だった。致命的な腰痛がさらにひどくなる気配が・・・。ま、しゃーない。よく考えたら新学期じゃないか。だったら新入社員もいることだろう。薄情な君たちはとっくの昔に忘れちまっているかも知れない。この僕が日本で唯一無二の社長専属コンサルタンターという衝撃のファクトを。ハハハ、僕自身もコロッと忘れていたよ。新入社員だったら初めて見る上司、魅惑的なOL、隣の同僚たちが気になるだろうが第一印象がすべてなんだ。当然、こっちから見た第一印象もそうだけどあっちから見る第一印象があることもお忘れなきよう。ただ、その第一印象が正しいとは限らない。こっちから見て「あ、この人は味方っぽい」「う~ん、難しそうな男だな」というのは、君たちにとってはほぼ正しいだろう。ゆえにそれを貫き通せばOKだが、実のところ周りからすればその見立てがまったく間違っていたりすることもお忘れなきよう。今日も100%いい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぼん より:

    コロナの渦中に胃腸風邪だなんて、中々やるね。世の風潮には簡単に乗らない姿勢が気に入った。へそ曲がり?ったく…、誰に似たんだ。それはそうと昨晩は良い情報をありがとう。早速、飲食事業者達と情報をシェアしたよ。皆、東尋坊から落ちそうなほどに前のめりだったよ。それ言うなら前向きやっちゅーの。宅の坊主は今のところふてぶてしく仕事をしているらしい。可愛がられようなどとは1mmも思ってないとか。

    • 砂漠王 より:

      只今、加納清水川からご無事にご帰還あそばされた砂漠王。ハハハ、さとちゃん、こんにちは!いやぁ、さすが桜だけあってそこそこ人がいたよ。ま、そこそこだけど。柏市のシステムは万が一の場合は柏市が保証するっちゅうところだよね。そのくらい柴橋君にはやってもらわないと単なる税金泥棒だとお伝えください。では、これからおむすび三昧で買ってきた高菜のおむすびを食いまくります。

  2. むしか より:

    たしか、初日の昼飯を一緒に食べるんだったわな。至極金言。店舗のスタッフに「あ、この人、以前にも来てたなぁ」という顔をされることが多いように思う虫賀より。

    • 砂漠王 より:

      虫ちゃん、大きなおむすびを2個も食べてご満悦♪そうそう、最初にランチを一緒に食ってやるんだけど今の時世の若者だったらありがた迷惑だったかも大和田(爆)。何かパーッとはじけたいよね。いくら寝ても疲れが取れない。こんな日が続くと僕、ダメになっちゃいそう・・・(肝悪)。では、3時のおやつを楽しみにちょっとだけ頑張ゆ。