今まさに、岐阜市内は聖火リレーでサンデー・ナイト・フィーバー!

もし君の名前が法子でフルネームが墾田永年私財法子だったらどんな暮らしぶりだろうか。さらに、もし君の名前が令子でフルネームが生類憐れみの令子だったらどんな日々を送るだろうか。だから、そんな奴はいねぇよ。「ねぇ、その難しそうな漢字の名詞って何?」「ググれ」。はい、高校時代は世界史を選択したのに今では日本史に興味を持って城めぐりばっかしている巻頭文はここまでです。セルジュークトル子や孔子や孟子や老子に比べれば上記の名前のほうがマシかも知れない。だから、そんな奴はいねぇよ。「ねぇ、その面倒臭そうなのって何?」「お前がイチイチ面倒臭ぇんだよ」。誤解しないでほしい。どう見えるか知らないが、こう見えても今日の僕はとりあえずご機嫌なんだ。ほら、ご覧。本来なら今日4月5日は聖火が岐阜市内を駆け巡るはずだったんだ。午後7時15分に夢も希望もないのに信長ゆめ広場をスタートすると僕がワインで妖怪人間ベムベラベロベロになった『うれし野』の前を通過して長良橋と忠節橋の間にある金華橋へと向かい、岐阜城に見守られながらゴールである岐阜メモリアルセンター芝生広場に到着するのが午後8時16分の予定は確定だった。それがあーた、おそらく栄養失調の野良猫もおらんがね。まあいい。いや、ちっともいいことない。来年、このコースを走る日が来れば遠藤いや、沿道の弘道が手を振ってあげよう。では、また来年。

コメント

  1. さとこ より:

    ははは、聖火リレーどころか出店予定だった道三祭りのこともあーた、すっかり忘れたったがね。中止になってマジ良かった。めんどくさいったらありゃしない。
    我が家の可愛い「あん子」は今でもニックネームだと思われてるよ。次女とセットだと信じてもらえるけど。

    • 砂漠王 より:

      辰年生まれの男子は「辰夫」や「竜也」っぽい名前が多くてこの僕の名前の候補にもなっていたっぽい衝撃の事実を特別にプレゼンツしてあげよう。ハハハ、さとちゃん、おはよ!だったら、何で巳年生まれの男子に「蛇男」や「蛇太郎」という名前がないのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。新コロも発生することなくフツーに聖火リレーが行われていたら見向きもしなかっただろうけど、こうなると愛おしく思えてくるのは僕が身勝手な人間だからだろうか。ハハハ、よかったよ人間で。今日の晩ご飯は白いご飯とお刺身だお。ま、緑色のご飯を見たことないけど。