「あいつは変わっちまった・・・」と思った君は

そのとき僕は季節外れの雪が舞う飛騨高山の小さな公民館の長椅子に座っていた。成城石井の抽選で見事に当選するとなぜか知能検査を受ける羽目に。左隣には税理士の永森真知子ちゃんが、右隣には前職の会社で問題児だった山本透君が座っていた。え?自社株評価の問題じゃん。へ?こ、これって知能検査なの?検査が終わると真知子ちゃんが「簡単でしたね、うふふ」と笑い、透君が「こんなんできん奴おらんでしょ~」と踏ん反り返った。「そ、そうだね。ははは」と僕は蚊の鳴くような声で笑った。だから、そんな総天然色の夢を見た。あ゛ー、疲れた。ただでさえ疲弊している毎日なのに成城石井と2人を相手取って18億円くらいの損害賠償請求でもしたろかしゃん。辰年生まれの男は巳年生まれの女より執念深い。はい、こっそりアディーレ法律事務所の電話番号をググりたくなった巻頭文はここまでです。ま、泣くとあかんから今回だけは勘弁しといたる。ちなみに、上記の2人は【43歳以上、54歳未満の執念のOB会】で楽しそうに笑っちょります。例えば、久しぶりに昔の同僚に会ったとしよう。その帰り道に「ったく、あいつは変わっちまった。夢を語り合ったあの頃はあんな人間じゃなかったのに・・・」と嘆くことがあるよね。ね?「はい」と言ってくれないと話が進まないんだよ。「はい」。どうもありがとう。あいつが変わっちまったんじゃないんだよ。きっとお前が付いて行けなかっただけなんだよ。ほら、ご覧。今回の僕の「oBento」三昧は『さんぞう』の「さんぞう弁当」と油淋鶏と四川麻婆豆腐だよ。大好きだった岡江久美子に思いを馳せながら合掌。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとりん より:

    昨日は残念ながら?会えなかったけれどありがとね。岐阜信用金庫なのにデリの注文なんてありがたくもしやがってお運びに行っていたんだよ。近くなんだから取りに来いよなんて口が裂けても上下に分断されても言えない。ここだけの話だけど。岡江久美子は残念だったね。速報が流れた瞬間に店内がざわめいたよ。主に野郎ばかりだったけど。

    • 砂漠王 より:

      君に一言だけ忠告しておこう。同伴したのは家政婦なんだよ。たしかに僕はめっちゃいい人だが、家政婦は僕を定期的に蹴る悪人なんだ。ハハハ、さとちゃん、おはよ!お互い人生をやり直せるものなら35万円くらいまでなら払ってやり直したいよね。岐信のくせにデリなんて生意気な・・・。ちなみに、僕の所得税の振替納税の口座は岐信です。そうそう、刺身をありがとう~!これを真っ先に言わなきゃいけなかった大和田(爆)。獏ちゃん、すっげぇ可哀想・・・。僕と久美子を競い合った戦友よ。