引き分けでも勝ち点1

ん?今日ってどの祝日の振替休日なの?と思ってグーグルカレンダーを確認したら何と2つも跳んだ5月3日の憲法記念日の振替休日だった。昨日、テレビで交通事故のニュースをボーっと見ていたら「2人は寄生虫で」と聞こえたけれど常用漢字にすると「帰省中」ということに8秒で気付いた僕はまだまだイケる。で、どこへ行くのでしょうか?知らんがな。はい、GWの最終日を飾るに相応しい巻頭文はここまでです。ナイスなブレックファーストは北欧倶楽部のカレーパンでリッチなランチは西友のカレーせんべいでセレブなディナーは大量購入のレトルトカレーだった。いいかい、マジで。「ね、あなたの食生活ってどうなっているの?」。ハハハ、人の食生活に口を挟みたいなら金払え。とは言えトワ・エ・モワ、ちょうどいい機会だから説明しよう、過去に【ビジネスは「勝たなければ負け」の世界、人生は「負けなければ勝ち」の境地】と放った僕の食生活は「勝ちでも負けでもなく引き分け」だ。日本語に翻訳すると「満足に食べられるだけで御の字。サッカーならば引き分けでも勝ち点1」だ。燻したゆで卵&ソーセージをトッピングしたレトルトカレーはすっげぇ贅沢だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとべん より:

    不味いよりは美味しい方が良いレベルで腹さえ満たされればOKな自分は飲食界に於いて痛ん、もとい異端かも知れない。食いもんにあーだこーだとうるさく言う奴がめんどくさくて話を聞きたくもなければ口もききたくない。デートの度に手作り弁当を持って来てくれる熟女が最高だと思っている。どこかにそんな危篤、もとい貴徳な熟女はおらんどすえか?

    • 砂漠王 より:

      隣のおばちゃんの手作り弁当は新種のウイルス並みにデンジャラスだけど余貴美子がにぎったおにぎりなら喜んで吸引できるおスギだお。ハハハ、さとちゃん、おはよ!できれば具はしぐれがいいです。あ゛ー、見上げれば無意味に快晴だぜ。今日はね、ちょっと散歩してぷらっと外食でもしようと思ってるんだよ。ほら、そろそろ自粛も緩和しつつあるっぽいので市場調査だよ。とりあえずいついかなるときも問答無用にオープンし続けているチェーン店にでも一滴増す!