主文、被告をテレワーク3年の刑に処す

ここ細菌いや最近、テレビで芸能人のリモート出演を見ていて「交通費が発生しなくてもギャラって通常の場合と同額なのだろうか?」と思う今日この頃、だから、そんなことはどーでもいいんです。説明しよう、懲役刑とは犯罪者を刑務所に拘禁して労務作業を行わせるという刑罰であり懲役刑から労務作業をなくした刑罰が禁錮刑である。つまり「働け!」が懲役刑で「座っとれ!」が禁錮刑だ。そこでだ、君たちならどっちがいい?僕はどっちもゴメンだお。だが、禁錮刑は労務作業がない分、懲役刑より軽いと思われがちなんだ。ハハハ、甘いねぇ。真冬の午後9時に爆音を立てながらすする森永のココアより甘いぜ。実際には独居房で一人きり胡坐(あぐら)か正座のままで一日を過ごす。ほら、想像してご覧。近畿日本ツーリストが主催する2泊3日のおひとりさま限定の格安ツアーならまだしもこれが何年間も続くんだよ。ここまで書いて言うのも何だが、君たちは禁錮を「きんこ」とちゃんと読めるだろうか。ま、そこまでバカじゃないか。誰とも話せず、することが一切ない状況に置かれることはすっげぇつらいだろう。このようなことから禁錮刑であっても希望すれば労務作業を行うことはOKなんだよ。そして、ほとんどの受刑者はそれを希望している。思うに、テレワークは「働け!」の懲役刑と「座っとれ!」の禁錮刑の中間くらいだろうか。そもそも「仕事=罰」という前提だけど。ま、それも賛否両論だと思いますよ。このような建設的なテーマの会話を目の前にいる次女とフェイスタイムで楽しんでいた父娘だった。「あのね、今日の晩ご飯はチキンカレーだよ」。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとりん より:

    各々違う部屋でフェイスタイムで会話をしながら食事を楽しむのも一つの手だね。で、なんで一つ屋根の下でそんなことする必要あるの?あなたってバカ?しかし、アレだね。オンラインキャバクラってのが爆発的人気だってね。キャバ嬢達も「お給料は少ないけどー、出勤しなくて済むしー、何よりもお触りされなくて済むからこれでいいかもー。」と言っているらしい。お客の方も安上がりなんだってさ。

    • 砂漠王 より:

      65センチの距離でフェイスタイムをやるとハウリングが凄まじいことを多くの者へ伝えてあげたい。ちなみに、狼男のホラー映画のタイトルも『ハウリング』だっぴ♪ハハハ、さとちゃん、おはよ!致命的に腰痛もピークなんで来週、セータイに行ってくるよ。さすがにオンラインで施術してもらっても痛みはとれないちゅうの。今後はどのような生活様式になっていくのだろうか。ハハハ、人見知りの僕にはソーシャルディスタンスはウエルカムだけど。