それも生き残る術だよね

全国的に緊急事態宣言が解除されたことだし条件付きでOKだから僕と濃厚接触を楽しみませんか?さっそく警戒レベル4の腰痛を緩和すべく1年3か月ぶりにセータイで濃厚接触を見事に満喫した。フツーの人間だったら気を失うレベルの激しい腰痛だけれど異常な人間の僕だから何とかそれなりにやり過ごせたのです。曲がった背骨と歪んだ性格はどっちが厄介でしょうか?だから、そんなことはどーでもいいんです。おぉ!施術の結果、激痛が普痛に化学変化したようだ。はい、この「普痛」は「普通」と掛けていて決して誤字ではないので念のためという言い訳じみた巻頭文はここまでです。その先生はオーストラリアの大学で施術方法を学ぶと奥さまもそっち系の人なので当たり前のように英語がペラペラだとか。僕の骨とは何の因果関係もないけれどその話を聞いた途端に施術がすっげぇ効いた気がして痛みが一瞬で飛んだミーハーな僕の体。どうやら遺伝子レベルでカッコいいものには極めて従順かつ絶対服従の体質らしい。池の鯉が「それも生き残る術だよね」と僕を慰めてくれた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとりん より:

    鰻は美味いんだけど、あそこって小上がりだから胡座はかけないし正座も無理な自分にはかなり辛いんだよね。洋式がもう身に染みちゃってらもんだから。なんだか独り言の様なコメントになってしまっている。業務報告です。弁当屋も来月いっぱいで終了を目処とします。ご息女の会社も早く宴会解除する様に上に働きかけてとお伝え下さい。

    • 砂漠王 より:

      川勢はてんこ盛りで有名だったんで僕のグーグルマップにはずっと「行きたい」保存リストのマーキング済みだったんだけどいかんせんスポンサーがいないとい行けないじゃんね。ほら、僕って無職だから。ハハハ、さとちゃん、こんにちは!ほう、ほぼ軌道に乗りつつあるんだね。実にマーベラスですな。昨晩、丸顔はLINEで同僚にお弁当サイトを送って集計していたよ。タマチケが届いたらリアル店舗にもみんなと食いに行くって。でもね、チケット代はパパが払ったんだお。