特別定額給付金申請書に見る超デジタル時代の超アナログ作業にほぼうんざり

ほら、ご覧。特別定額給付金、日本語で言うと「性格の善し悪しに関係なく1人につき10万円」の申請書が届いたんだよ。性格の善し悪しが支給の基準ならば弘道は没収だよね。ハハハ、バカ野郎!はい、岐阜市からスルーされなくてホッと安堵している巻頭文はここまでです。だって、市県民税を地道に納めているこの僕だよ。そこでだ、書類に記入しながら「ったく、何とかなりませんかねー。ほぼ昭和末期のこのアナログ作業」とうんざりしている真っ最中。運転免許証やキャッシュカードをコピーするとハサミで切って糊付けだよ。預金通帳の口座番号はまだいいにしても金融機関コードや支店コードなんか書かせるなよな。この段階でそこらの多くのお年寄りたちはプチパニックだろう。相変わらずハンコを求めるその意味が分からない。そもそも紙を使うな。こちらの作業はもとより、往復の郵便代金がすっげぇもったいないじゃんね。誤解しないでほしい。「給付金など要らない」と言っているわけではないんだ。「タダ・拾う・もらう」が信条の僕ゆえにもらえるものはネタミでもスタバでもありがたくもらう。ちなみに3年前、小牧山城のボランティアガイドがアナログのことをアナグロと4回くらい間違えて言っていたけれど指摘するのも可哀想なのでそのまま放置したった。グーグル翻訳のアプリを使えばスマホのカメラを当てるだけで給付金の説明文がアイスランド語にもフランス語にもリアルタイムに変換できる令和の時代に公然と紙を使用する作業はいかがなものか。

コメント

  1. さとりん より:

    デジタル化しちゃうと無駄に多い公務員の仕事がなくなっちゃうからなんだよ。AIの発達で真っ先に職をなくすのはきっと役場勤めの方々だろうね。トヨタは絶対に事故を起こさない車の開発に着手しているらしいし、そうなれば交通二課も必要なくなる。それでは困るんだよ。交通二課からは毎日の様に弁当の注文が入るんだから。

    • 砂漠王 より:

      ったく、世界のアツローから電話が掛かって来て2時間も貴重な人生を失っちまったじゃないか。ハハハ、さとちゃん、こんにちは!近いうちに飲みに行きたいと世界のアツローが言ってたよ。ちなみに、飲むと言っても彼はウーロン茶らしいけど。まだほとんどアルコールを摂取していないらしい。すっかりダメ人間になっちまったね。仕方ないからその分、僕が頑張ってあげるね。はぁ、何もやる気が起きないんでハイボールでも作ってチマチマすするね。