生体反応が活発になる超ローカル発想のススメ

午前中の涼しいうちに必死こいて考えようとスタバ@ASTY岐阜店を訪れたはいいものの何を考えればいいのか今ひとつ前頭葉に浮かばなくて後頭部が途方に暮れかけたことはありませんか?さっきから桂馬の位置に座っている女子の一挙手一投足を観察している真っ最中。持参したシートを眺めながら「ったく、テーマすら浮かばねぇ」と吐き捨てた僕。年中無休でハッピーな証拠だろうか。それほど幸せじゃないですけどねぇ。腰も肩も背中も痛いし。まあいい。それなりに貯まっていたリワードの権利を行使して「ダークモカチップフラペチーノ」を丁寧にすすった。それから7分が経過した頃に「理想の65歳の僕」というテーマにすることに決定した。完璧だね。やればできるじゃないか僕。今日のところはここまでとしよう。そのとき思ったんだよ。僕は岐阜に住んでいるからこそボチボチ生きていける♪ってね。たしかに今はそこが東京じゃなくてウズベキスタンでもシリコンバレーでもママさんバレーでもWi-Fiさえ飛んでいればワールドワイドに社会に参画することはできる。しかし、だからと言って100%能力が発揮できるかどうかは分からない。それほど居を構え、暮らしている生活拠点によって自分の能力が左右されるようなそんな気がする。ま、そんな気がするだけだけど。

ほら、ご覧。ここが岐阜だからこそ今日のネタに困っていても加納の清水川沿いでボーっと光合成を楽しんでいる最中にアオサギが魚を喰らう瞬間を撮ることができたんだよ。今日もいい一日だった。

コメント

  1. さとぼん より:

    昼からのハイボールは何杯目から眠気を誘発するか実験してレポートを提出しなさい。ったく、こちとら朝の4時から仕事してるっていうのに夜もまた現場に出ろだなんてブラックを通り過ぎてブラックホールになってやしないかブラックサイ。さぁ、今晩も元気に客引きを蹴散らしてやろう。ホントにあの野郎らはコロナで店がやってなくても減りやしねえ。ゴキブリ並みの生命力だ。

    • 砂漠王 より:

      ウズベキスタンなう。ウソぴょん♪ハハハ、さとちゃん、おはよ!今から37分前に眼科から帰ってまいりました。眼科に行く途中に転んで自分の自転車に押し潰されている岐阜○子高校の生徒がいたんで速攻で助けてやったよ。原因は前のカゴに入れた鞄の中の教科書があまりに重すぎてハンドルがとられちゃったからだよ。一日一膳。なので今日は他にいいことはいたしません。