僕の半径2メートル以内のハッピーを全身全霊で祝福したいと思いませんか?

立ったまま靴下が履けなくなったら「俺の時代は終わった」と嘆く杉山です。ところで、僕の時代はいつになったらやって来るのでしょうか?はい、幼い頃から「ひろちゃんは大器晩成型なんだよ」と言われ続けて55年、教師生活25年の町田先生よりはるかに大ベテランの巻頭文はここまでです。はい、今年の初物を食べる際に思わず「どれ」と漏らしてしまう僕は、特に「ど」を重低音で発した直後に今年の初物を食べながら「あ゛ー」と満足げに深く息を吐く中締めの巻頭文はここまでです。では、そろそろ今日の〆に入ろう。今年も楽しく莉子ちゃんのお誕生日会を車庫でパーッと行った。通りすがりの人たちは「とても仲がよろしいご家族ですね♪」という感じで目を細めながら僕たちを垣間見ては微笑んだ。僕は「イチイチ気が散るからこっちを見るなよな」と思った。そのとき次女が「パパ、中トロがあるよ♪」と言ったので思わず「どれ」と漏らして箸を手にした。恐ろしいことに来月は3人も誕生日を迎える。PayPayとSuicaの残高が面白いように減って行く。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むしか より:

    意地でも片足で立って靴下をはく派です。座ったらダメだ。ポテチの袋を縦に裂いて開けるのと同じくらいダメだ。

    • 砂漠王 より:

      ぶははは!虫ちゃん、物理的に卓上ライトの周りを虫が飛び交っていて顔中が痒い。最近は握力が確実に乏しくなってきてスナック菓子の袋が開けられないときは安易にハサミに逃げる僕がいる。でも、縦に裂くことは決してしないの。ぶははは!そこで名古屋でもオケだけど栄でも大須でもオケ。

  2. さとりん より:

    お婿さんが顔に似合わず意外とマッチョなのに驚いた。体を洗う時は立って洗う派です。左の足の裏は容易に洗えるのに右の足の裏は思うように洗えないの。ついつい壁に手をついちゃう。先日、川勢にうなぎを食べに行ったときに正座も出来ないことに気がついた。お尻がかかとに付かない坂本(泣)ただ靴下はまだ立ったまま履けるとおも、う、けど…。

    • 砂漠王 より:

      ほう、立ったまま体を洗うなんて初めて聞いた僕がいる。長生きはしてみるもんだ。ちなみに、正座は無難にできるけどあぐらがかけないのは世界のアツロー。ハハハ、さとちゃん、おはよ!さすがマッチョマニアのさとちゃん。同じくマッチョフェチの婿に目を付けるとは、目のつけどころがシャープだお。ったく、困ったもんで自宅に懸垂ができる機材を購入するとサラリーマンなのにプロテインを飲んでいる婿さんは何が目的でどこを目指しているのだろうか。