「4連休初日の玉宮界隈は若者たちで何気に賑わっていた」っぽい記憶がある

過去に付き合った人に関するアンケート調査によれば、男性は1人1人に「名前を付けて保存」して女性は「上書き保存」で絶えず最新版を更新しているらしい。だとすれば「名前を付けて保存」した8GBもあるフォルダを「ショートカットの作成」でデスクトップ上に散りばめる僕は何者なんだ?そんなもん知らんがな。ハハハ、安易な「コピー&ペースト」ではなく「ショートカットの作成」で対処する自分でもよく分からないこだわりを理解してほしい。ま、それも賛否両論だと思いますよ。はい、確実に酔っ払っているので何を書いているのか今ひとつ理解に苦しむ巻頭文はここまでです。なぜに安い世間の民たちは手や身の回りの物は必死こいてアルコールで除菌しまくるのに一番大切な五臓六腑はそのまま放置しているのだろうか?という画期的なテーマについて『ニュータマミヤ』で語り合ったその結果、酔っているので記憶にございません。以上、現場から杉山がお届けしました。

玉宮界隈を牛耳るさとちゃんと世界のアツローのお次は、すっげぇ懐かしい昭和末期がてんこ盛りの古き良き会話を地味に地道に楽しんだ僕とさらに登場した玉宮界隈のさとちゃん。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぼー より:

    いやぁ~、なに気にいい感じで楽しかったよ。互いに剛毛フェチが確認出来ただけでも有意義な飲み会だったよね。あの後、スタッフ皆に「仕事にならなくてごめんなさい」と深く陳謝した自分だった。バイクで来ていたので恐る恐る坊主にお迎えを頼んだらひとつ返事で迎えに来てくれたよ。同じB型なのに人間性まで一緒なるとは限らないという研究発表はここまでです。というわけで、マジでマジメにありがとね~♫サバ定食復活を低減しておきまぶ。

    • 砂漠王 より:

      剛毛フェチフレンズに業務連絡です。世界のアツローが傘を忘れちまったそうです。「傘の持ち手の所にネームが書いてあるので黒木さんにお伝えください・・・」とのこと。ったく、イチイチ面倒臭ぇ男だぜ。ってことで、面倒臭いけどキープだけしておいてあげてください。今さっき丸顔が「何を食べたの?」と目を丸くして聞くんで「あの頃の思い出さ」と言ったら「はいはい、じゃあ黒木君によろしくね」と丸顔で言ってた。ハハハ、さとちゃん、おはよ!では、60歳で完全リタイアできるように
      チマチマと作業に取り掛かりばぶ。