遠くへ行きたい衝動を抑えつつ長浜界隈を満喫した僕@滋賀県米原市・長浜市

「必須アミノ酸」と「悲惨なみのさん」は何気に似ているものの久しぶりに『ケンミンSHOW』を見たら司会者がみのもんたから爆笑問題のリトルのほうに代っていた今日この頃、僕も65歳までにズバッ!と引退したい。はい、何を引退したいのか自分でもよく分からない巻頭文はここまでです。この雰囲気ゆえに青春18きっぷがまったく使えない。とは言え、ジッとしていると旅人である僕は過呼吸になっちまうので近場でもOKだから使いたい。とは言え、愛知県まで独自の緊急事態宣言を発令したので東は避けて西へと向かおう。ってことで、岐阜駅から米原行きの列車に慎重に乗った。案の定、宍戸錠、年齢不問のウグイス嬢。ってことで、性懲りも無く醒井を訪れた旅人の僕がいた。

梅花藻に群がるジジイとババアがわんさかいたので1時間くらいの滞在時間で切り上げた。その後、いつものように長浜へと向かった僕は『長濱浪漫ビール』のオープンの5分前から重厚なドアの前でジッと待っていた。ほら、ご覧。左上からセイコーの時計回りに「長浜エール」と「リーズンカリーヴルスト」と「伊吹ヴァイツェン」と「タンドリーチキン」でご満悦。何とか一人きり完食できた。

人通りの少ないアーケード街の中を適度に時間を掛けながら歩いて大通寺を訪れた。いいか悪いかは別にして、物理的に貸し切り状態だった。本堂に腰を下ろすとひとつ咳をした。あ、飛沫がパーッと飛び散ったかも知れない。しかし、僕の周りには人っ子一人どころか犬コロさえもいやしなかった。久しぶりの鉄旅でモーレツに楽しかった。一日も早く以前の日常を取り戻してほしいという誰からも叩かれない美しい着地点で今日は〆よう。では、これから『芋平』の「さつま芋きん」を愛します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとかも より:

    昭和の50年代でもなければ犬コロがいたら必ずリードを携えた飼い主がいるだろうと思うよ。案の定、どこかへ遊びに行ってたか。醒ヶ井に梅花藻を見に行こうと思ってたんだけど、意外と混み合ってたってことね。平日でこれじゃ、日曜日はぐっつぐつだな、こりゃ。今年は諦めるとするか。あー、岐阜駅が岐阜市黒野辺りに有ってくれればいいのに。車じゃないと遠出することも出来ない不便さってないよね。旅の醍醐味はその地のアルコールだったりするのに。30年前は平気だったけれど、今は理性がどうしても邪魔してしまう。

    • 砂漠王 より:

      只今、鬼門の大垣くんだりからご帰宅のおスギだお。あー、お腹がいっぱいで何気に腹が立つ。僕、満腹だとすっげぇイライラする体質なんだお。ハハハ、さとちゃん、こんにちは!話は変わるけど今さらながら亜鉛はいいですな。普段の醒井はちょっち閑散として風情があるんだけど梅花藻の時季は平均年齢78歳レベルで濃厚な死臭が漂ってるんでデンジャラスだぜ。長浜界隈はガラガラだったけど。それでは、消化を促すために熱い珈琲をすすりまくりばぶ。