虎だ!虎だ!君も僕も大橋翠石の虎になってこの難局を乗り越えるのだ

「虎だ!虎だ!お前は虎になるのだ」by タイガーマスクのオープニング風。そのように上から目線で命令されても僕は生粋の熱帯魚派なので個人的には2メートル級のピラルクーを希望します。はい、僕一人きりの実体のない北南米河川流域開発事業団という名義の銀行口座を簡単に作ることができたあの頃が懐かしい巻頭文はここまでです。虎と言えば大橋翠石。賢明で博学の君たちなら間違いなくご存じのはずだ。その大橋翠石の輝かしい作品群が壁一面を覆う岐阜県美術館を一人きり訪れた僕。その迫力に圧倒される名作ばかりだった。虎と言えば大橋翠石。中でも『大虎図』は最高だったよ。なぜ大橋翠石が虎を極めた孤高の画家であるのか知ってるかい?若い頃に掛け替えのない両親や師を亡くした翠石が虎に困難を乗り越える力を求めたからさ。勇猛な虎こそが目の前に立ちはだかる壁を撃破する分身と化したんだよ。今まさに、この難局を乗り越えるための絵画展だとは思わないかい。

とは言え、たったひとつだけ残念なことがある。それは翠石が僕にとって鬼門である大垣くんだりの出身ということだった。この際、許す。午前11時25分、そんな大胆なひとり言をつぶやきながら岐阜駅構内にある昭和食堂に入った僕。よく考えたらさほど空腹感もなかったけれどせっかくなので「アジフライ定食」を孤独に食べた僕。左隣のサイゼリヤにしておけばよかった。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとせき より:

    おおぉ~っ!ビッグブリッジ・エメラルド!
    潰れたかと思っていた県美術館だけど、そんな展示をやってたんだね。全然、知らなかったよ。まさに起死回生の一撃だよね。一撃で終わらんかったらいいけど。というか、駅構内にまだ昭和食堂あったんだ?加納も島も潰れちゃったから昭和食堂自体が終わったとばかり思ってたよ。駅、行かないもんな~

    • 砂漠王 より:

      はぁ・・・只今、ご無事にご帰宅あそばせたおスギです。僕、下呂まで一滴増した。ハハハ、さとちゃん、こんばんは!熱くて足湯に浸かれんかったがね。気温が暑いと言うより湯の温度が熱かった。いいかい、マジで。埼玉県熊谷市からやってきた若いカップルも浸かれんかったみたい。わざわざ暑い場所から暑い場所へやってくるとはご苦労なこった。では、今からシャワータイムとまいります。