ほぼ6~7回目となる「もう二度とやらない」という固い誓い

「午前中」という言葉は存在するのに「午後中」という言葉を一度も聞いたことがないハイチュウを食べている真っ最中に奥歯に詰めてあった中産階級層によく用いられる銀がポロっと堕ちた若い頃の経験が中年を迎えたら良質な思い出となる保障もない藍川中出身の自己中の杉山です。はい、何とか『Choo Choo TRAIN』をぶち込もうと8分間も格闘したものの自分の限界を如実に感じた巻頭文はここまでです。みずほ銀行は来年から紙の預金通帳を発行する際に1冊あたり1100円の手数料を取るようだね。ま、すべてがデジタル化に向かう時代だからこれも仕方ない。という言い訳を前提に500円玉貯金缶をパカッと開けた僕がいる。久しぶりに缶切りを使ったぜ。ほぼ6~7回目となる500円玉貯金だがこれまで満タンになるまで貯めたことが一度もない。ま、それも情けない話だと世間が笑いますよ。ハハハ、さすがに僕もそう思います。ただね、しかしね、でもね、今の世の中の決済システムがほぼキャッシュレスゆえに500円玉が僕の手元に発生しなくなっちまったんだよ。いいかい、マジで。そんなこんなで結果発表!2019年1月14日から地味に地道に貯めた結果、55枚ということは27500円だった。ふ、なか卯でも貸し切ったろかしゃん。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとちん より:

    うちのあづ紀がまだ2歳だったときに、面白がって坊主の財布の中身を全部、500円貯金缶に投入しちゃった話を思い出した。坊主、泣きながら怒ってたわ(笑) あの500円貯金缶、どこへいったんでせうね。坊主が持っていたとしても缶切り使えない筈だから。先日、アルバイトが瓶ビールの栓を抜けないことが発覚したばかり。若い連中と付き合うと衝撃が走るね。お客に「ライターないですか?」と聞かれて「マッチならありますが使えますか?」と訊いたら「それくらい使えます」とムッとされちゃったこともあったよ。こっちはそんなことシラネーヨ。つーか、それって確か30万円まで貯まるんじゃなかったっけ?中途解約しなければいけなくなった理由でもあるの?あ、ここ突っ込んじゃいけないところだった?

    • 砂漠王 より:

      56歳でも西條八十とはこれいかに。ちなみに、どうやら78歳で死んだようだけどあと2年で八十になれたというのにさぞかし無念だったろう。ハハハ、さとちゃん、おはよ!うん、おそらく若者は固定電話の掛け方やベルが鳴ったときの対処の仕方も分からないだろうね。でさ、僕のPayPayの残高が1365円なんだ。致命的だよね。なので、これから一週間は超アナログ人間になって500円玉を使いまくるんだ♪