Bhang Lassi(バングラッシー)の覚醒カシミールで僕の脳ミソはスッキリ!

昨日、僕の体調が偏差値47レベルで弱っている旨をブログに書いたら全国、特に西日本エリアから「大丈夫ですか?」「あまり無理をしないでくださいね」などという僕の体を気遣ったメッセージが1通も来ねぇよ、この野郎。東日本はとっくに捨てているから何とも思わないけれど何とかしやがれ西日本。思うに、プチ熱中症ではなくプチ夏血栓っぽいようなそんな気がする僕がいる。まあいい。いや、ちっともいいことない。はい、ここが志木那島だったらDr.コトーに診てもらっている巻頭文はここまでです。汗をかくことで体から水分が奪われて血液がドロドロになるのが夏血栓らしいけれどただでさえ性格がドロドロの僕だからこのままだと人類最強のキング・オブ・ドロドロになりそうなそんな気もする。ま、性格は修正も是正も改正も補正もできないのでせめて血流だけは改善しようと柳ヶ瀬商店街の中にある『Bhang Lassi』にクリーム号で向かった。店主曰く「脳ミソがスッキリ!万人受けしないカレーなので熟考してから階段に気を付けて中学生以上のみ入店してね。滞在時間は1時間以内だからね。ナマステ(^^)」がキャッチフレーズのカレー専門店であり、しかもメニューは「覚醒カシミール」ただ一品というこだわりっぷりだ。別の場所にあった旧店名の時代に通った際は【文化屋食堂のチキンカシミールで胃を洗浄♪】のようにじっくり味わうことができたけれど今回はすっげぇ辛くて食後も天使の唇がピリピリと痺れていた。しかし、確実に脳ミソはスッキリ!したし切ってみなければ分からないものの血流はシャーシャーに改善されたそんな気がする。もし君たちもフツーの人間並みに体調が優れないときがあったなら一度お試しください。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとりん より:

    日本脳炎じゃない?心配で心配で食べ物以外、喉を通らない。なんだ、バングラッシーは日本人経営者だったんだ。まさか店名を変えたついでに国籍も変えたなんてことはないだろうけれど、ネパール人が経営するインド料理屋よりは潔いかも知れない。カレーのスパイスは抗癌効果もあるみたいだから積極的に摂取した方がいいよね。癌な性格もサラッサラになるかもよ~

    • 砂漠王 より:

      うん、できれば十勝小豆の聖地の帯広の農園がいい。ハハハ、さとちゃん、おはよ!文化屋食堂時代のオムライスは食べたことないけど僕の知り合いのN君がどうしてもここで修行したいとごねて数か月ほど働いていたことがあったよ。いい時代だった、二度と戻りたいとは思わないけど。藍川中学3年2組のみんなは元気だろうか。ふ、まったく興味もないけど。ってことで、今日は1ミリも出掛けることなくチマチマと内勤作業に勤しみますか。はぁ、3時のおやつを目標に頑張りばぶ。