「with コロナ」というアップデート:がんばるな、ニッポン。

そのとき僕は56歳でただでさえ腰痛に苦しむ春夏秋冬だというのに今夏の猛暑によるプチ熱中症で頭が痛くてそこそこ凹んでいた。このようなときに突然、ちびっ子ギャングたちが計画的犯行としか思えない真っ昼間にやってきた。仕方ないので長女たちをいつものバローに買い出しに向かわせると僕がちびっ子ギャングたちのお守をしたった。モーレツに大変で15分も経つとヘトヘトになった。ところで1時間以上もバローで何をやっているのですか?頼むから1分でも早く帰ってきてほしい。ここに書けないようなワードでちびっ子ギャングたちから罵倒されている最中にスマホでYouTubeをサ~フィンしていたらサイボウズのCMが目に留まった。がんばるな、ニッポン。そのとおりだよ。あの平成時代にでもフレックスタイムやノマドっぽいテレワークなどの制度を取り入れるチャンスはいくらでもあった。それなのに「全体の士気が乱れる」とか「意思の疎通が図れない」とか「朝礼は一日のスタートの合図だ」とか「社員は家族だから」などという意味不明な理屈をこねて邪魔をした諸悪の根源が公衆便所の隅っこに群れている新種のうじ虫にも劣る団塊の世代のバカ連中だ。当然、新コロなど100%望まれて今の世に出現したものではないことなど分かってはいるが、これにより時代が本来あるべき理想の姿へとアップデートしたようなそんな気がする僕がいる岐阜は暑かった。

コメント

  1. さとりん より:

    それは日がな一日、家に居るからいけないんだよ。毎日、9時から5時までいなくなってみ。そうしたらギャングたちも来なくなるから。とはいえ、1時間もどこで何をやっているのだろう?ショパンか?なぜ、世の経営者たちはもっと楽をしようとか思わないのかな?ステイタスとプライドさえ捨ててしまえばもっと楽な生活を送ることが出来ると思うんだけど。なまじっか、そんなんだから後の人間は追随せざるを得なくなるんだよ。

    • 砂漠王 より:

      痔病が持病の人間の気持ちはどんなだろう?ハハハ、さとちゃん、おはよ!ったく、今日も朝っぱらから暑いねぇ。しゃぶ里でも貸し切ってパーッと飲み食いしたいよ。そこでどうだろう、この際、この僕に2万3千円で貸し切らせてくれないだろうか。嫌とは言わせないよ。何だよ、その自信は。はい、愛と勇気と根性と惰性の巻頭文はここまでです。体熱が取れない。体中が朝から晩までポカポカしている今日この頃、この暖気を今年の冬に繰り越したひ。では、今日もエアコンの部屋で爆睡して貴重な一日をムダに終えるでしょう。