夢を見て、夢を抱き、夢を志し、夢を手にした者たちの末路とは

寝起きに枕を眺めながら「ほう、最近はまったく抜け毛がないよね」と悦に入っていた昨日の早朝、枕を水平にして確認したら白髪が白い枕カバーと同化して見えていなかっただけという驚愕の事実に打ちのめされまくった杉山です。はい、目を細めながら水平にした枕を凝視したら魚の小骨のような白髪が乱立していた今日この頃、タイやヒラメの小骨ならまだしも近所の回転寿司で150円以下の光り物系のそれだと何気につらい巻頭文はここまでです。僕は今、再放送中の『Dr.コトー診療所』を号泣しながら見ている真っ最中。最終回だよ。泣くしかないよね。このドラマを見て医者を目指し、そして憧れの職業に就いた者も多くいるとか。岐阜市内に事務所を構える僕の知り合いの弁護士は、アメリカの法廷弁護士を描いたテレビドラマ『ペリー・メイスン』に憧れて朝も夜も勉強しまくると見事に司法試験に合格した。今、先生はお腹にさらしを巻いて通勤している。そう、あっち系の人の離婚調停に着手したからだ。刺されたときの止血のためだよ。念願の夢を実現しても不本意な仕事に手を出さないと岐阜市内では食って行けない。夢は食い扶持まで保証してくれない。「生きがいとかやりがいでは満腹にはならない。仕事は問答無用でお金で割り切ろう」とブログには書いておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとぼん より:

    サラリーマンは仕事が楽だろうが辛かろうが給料が一緒なのでやになっちゃうね。なんか、坊主の奴、坊主のくせに1人部屋をあてがわれて仕事をしているらしい。サボろうが何しようがお咎めなしだからストレスフリーだってさ。スペクトラムだなんてあまりにも懐かしい名前が出てきたもんだから身震いしちゃったじゃんか。

    • 砂漠王 より:

      ちなみに、スペクトルマンも愛していた僕がいる。幼いながらに宇宙猿人ゴリというネーミングはスゴイ!と思ったもんだお。ハハハ、さとちゃん、こんにちは!只今、岐阜駅構内のミスタードーナツから帰ってまいりました。あら?焼き芋でも食おうとカネ井青果に行ったらあーた、何もなかったけれどDODAの中に入ったようだね。やれやれ、これで一安心。僕、言うほど利用していないけど。では、テイクアウトのドーナツをいただきます。イートインもしてきたけど。