お金が勝手に入る人生100年時代の仕事

ちょっと前までは「儲かる仕事」が人気だったが、これからの人生100年時代にマッチする仕事は「1分でも長く続けられる仕事」だと思う。はい、いつになくビジネスチックなスタートにご満悦の巻頭文はここまでです。3か月ぶりにトシコちゃんの美容室で髪を切って見事に寝落ちた僕だった。まぁ、3か月ぶりだから客としては下の下のゲゲゲの鬼野郎レベルだね。ゴメンね、長良川の北側へ渡る作業が億劫な僕で。初夏の不気味な土石流の如く毛量が下降気味の今日この頃、早春の鬱陶しい花粉症の鼻水の如く涙がダーダーに流れませんか?ところで美容師はいい仕事だね。どれだけ優秀なAIがはびこってもさすがに俺様の髪はカットできんだろ。それにね、お金を稼ぐことを目的として働くのではなく、一美容師としての自分の価値をお客さまに提供し続けることでお金が勝手に入る。そして、それは恒常的に、つまり定年がない限り死ぬまで入り続ける。とブログには書いておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとりん より:

    枯葉と一緒で今の時季は髪が枯れて抜け始めるんだよね。大丈夫。気にしたところでそれを気にする人などいやしないから。かくいう自分も最近は怒涛の如く抜け散らかしてるよ。いっそのこと地球人が全てスキンレス、じゃなくてスキンヘッドになっちゃえばいいのに。スキンレスは勘弁。理科の実験室の人形みたくなっちゃう。こ、こわひ…。

    • 砂漠王 より:

      インド人の40%はB型でニシローランドゴリラは100%B型で杉山家は僕だけがB型という国宝級の個人情報を島根県民に捧げたい。ハハハ、さとちゃん、おはよ!ったく、朝かと思って目を覚ましたら夜中の1時17分だったじゃんか。君ね、あと4時間半くらい早く更新してくれないかな。暇で暇で暇で仕方ない僕が可哀想だとは思わないのかい。だって、この僕だよ。ハハハ、今日は明日と同様にやることが何もないんで背後に気を付けてそこらでも徘徊しますか。