この僕を凹ませた沖縄での出来事

首里高校の前で「首里高校と朱里エイコは似ている」とスマホにメモしていたら地元の小学生たちが「おじいちゃん、歩きスマホは危険だからいけないんだよ」とこっちに聞こえるか聞こえない程度のヒソヒソ声で言った。いいかい、自分のことを自分でジジイと言っているのは本当はジジイなどとは微塵も思っていないから言っているのであって今、君たちがこぞって言ったことは僕を凹ませるには十分すぎる一言なんだよ。それにグーグルマップを見て歩かないとどこへも行けない他県人の事情をちったあ酌んでやったらどうなんだ。はい、小学生は破天荒な南の地域より東北から北の地域に限る心はないのにメンタルをザクッとやられた巻頭文はここまでです。ま、泣くとあかんから今回だけは勘弁しといたる。今まさに、那覇空港でしか買えない沖縄紅芋バージョンの「呼吸チョコ」を大量に摂取している僕。ちびっ子ギャングたちからは『鬼滅の刃』の沖縄限定の禰豆子のお土産が欲しいと念を押されたので土産物売り場の妙齢の女性店員に「ここに鬼滅の何とかというのはありますかね?頼まれちゃって・・・」と言うや否や「お孫さんですね」と返ってきた。僕ってそんなにルックスはジジイか?大好物の沖縄なのにこの僕を完膚無きまでに凹ませる沖縄でもあった。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さとりん より:

    小学生に限らず子どもは残酷だからね。デリカシーを知らないってのは羨ましい限りの強みだよ。まるで我が家の旧姓杉山さんみたいだ。とはいえ、やはり髪色は全てを語る、ってところなのかな。残念だけど諦めや。ところでお早いお帰りで。まるで日帰りかの如く弾丸ツアーだったんだね。

    • 砂漠王 より:

      白い髪ならスキンヘッダーのほうが若々しく感じるかも知れない今日この頃、今朝も大量の抜け毛に言葉もなかったおスギです。ハハハ、さとちゃん、おはよ!そうそう1泊だからほぼ日帰りも同然よ。向こうは30℃を超えて汗だくだったけど飛行機やバスの中は寒いくらいさ。機内では新コロのせいでブランケットの貸し出しはなくて半袖Tシャツ1枚の僕は凍えていたがね。忌々しい新コロめ。では、今日はたまった作業をチマチマとこなしますか。