何事もジリ貧にならないためのウルトラC

古き良き知り合いのブログを見ようと思いきや「あれ?出てこないぞ」ということで先方にメールで確認したら「ちょい凹むコメントが・・・」ということで閉鎖したらしい。ハハハ、バッカだなぁ。ほら、ご覧。僕のブログなんかほぼ文通かそこらの頭の悪い中学生の交換日記のようなものじゃん。誤解しないでほしい。別に彼のために書いているわけではないんだ。ま、それ以外にも毎日のように大量のコメントはあるのだが、いかんせん大っぴらにできないおぞましいフィクションばっかなの。フォー・イグザンプル:「この春、あなたと私の子どもが高校生になりました」とか「利息だけでも3億円になったぞ、オラ!」といった感じです。いいかい、マジで。生まれつき心がないだけあって僕の精神力って超ストロングだぜ。古き良き知り合いにはこう言ってやったよ。「何事もそうだけど少数のマイナス意見やクレームでイチイチ意気消沈するからすべてにおいてジリ貧になるんだ」と。あなたに満足している人間は「最高だ」とか「グッジョブ!」などとはイチイチ言ってはくれない。たった全体の2~3%のバカやアホなどスルーして続けていればいつか花咲くものをもったいない。ってことで、今日の晩ご飯はゴマ塩たっぷりの赤飯とよく分からない煮物だった。では、また明日。

コメント

  1. さとりん より:

    犬山との漬物ギャップが楽しめて良かったね。うん、あなたって何事にもポジティブ~。昨晩ね、嬉しいことがあったんだよ。いつもの様に場末の居酒屋でチマチマと勤務していたら、28歳OLを名乗る女性から、「私、おじさんみたいな人がタイプなんです♡」と告られてしまった。ただ、ちょっと心配だったのは呂律が回ってなくて目が泳いでいたことくらいかな?あの娘、名古屋から出稼ぎに来てたとか言っていたけれど、無事に電車に乗れたのだろうか?てか、おじさんって呼ばれた時点でアウトオブ眼中だがね。

    • 砂漠王 より:

      君って何も分かっちゃいないようだね。お札を「おさつ」や「おふだ」とカナをふる前に古刹が読めないと話にならないじゃん。ほぼ間違いなく古刹が読めないおバカな連中ばっかだお。ハハハ、さとちゃん、おはよ!う~ん、名古屋から出稼ぎの妙齢の呂律が回らない女性となると駅裏かしゃん。ふふふ、このハッピー野郎がそれなりにうらやましいぜ。あー、毎週日曜日はちびっ子ギャングたちがやって来る予定はほぼ確定なんだけど今日は鼻水が出るらしくて来ないって。予定が狂っちまったじゃん。仕方ないから今から8時間くらいネットサ~フィンでも楽しむね♪