第7回の親孝行接待ツアー(2日目)は定番の界隈を散策しまくった飛騨高山@岐阜県高山市

長崎県民や秋田県民からは「高山って同じ岐阜県内だからしょっちゅう行ってるんじゃないの?」と思われがちだがそんなことはない。正直、高山より東京や大阪へ行くほうが時間的には短いんだよ。いいかい、マジで。それでは時系列に並べただけの動画です。では、親孝行接待ツアーはまた来年。

[ブログ内検索タグ]宮川朝市,高山陣屋,Cafe takayama terrace,高山昭和館,高山らーめん櫻軒,飛騨牛コロッケ

コメント

  1. さとぼー より:

    唐突に終わりやがった。レトロミュージアムはまだ行ったことなんだよね。ってゆーか、しょっちゅう行っていた幼少時代の高山は自分の中にはもう無いもんな。駅舎も変わっちゃって迷子になりそうだったし。これだから極度の方向音痴は…。

    • 砂漠王 より:

      方向音痴に関しては誰にも負けない自信があるおスギです。なんせ幼稚園児の頃にはご自宅の裏で迷子になって号泣していたらお隣の加藤のおばちゃんに「ひろちゃん、なんで泣いとるの?」と声をかけられて命拾いした強者だお。ハハハ、さとちゃん、こんばんは!まぁ、飛騨高山も観光観光して個人的には今ひとつ魅力に欠けるねぇ。その点では郡上八幡のほうがかなり上だよね。そんなことより今月下旬から大晦日にかけて毎年恒例で何かと出費がかさむんで今からちょっちブルーなんだよ。ブルーと言っても群青色に近いくらい凹んだブルーなんだよ。