穴まで愛して

リアルに「ぜよ」という方言を聞きたかったのに高知市民は誰も使っていなかった。昨晩、高知県は室戸岬からご帰宅した杉山です。奈半利駅→室戸岬のバスでは偏差値60前後のどっかの国立大学の教授っぽい68歳前後の男性から話し掛けられた。室戸岬→奈半利駅→高知駅のバスと列車の中では横浜在住の67歳の本田さんから話し掛けられた。約3時間もジジイと濃厚接触せざるを得なかった僕があまりに不憫で同情するよね。しかも2人とも理系で絵に描いたような文系の僕には話の内容がチンプンカンプンピーだったぜよ。僕の旅先の出会いはこんなんばっかぜよ。ピチピチじゃなくてもせめてシトシトくらいの妙齢の女性との出会いはないものだろうか。この際だから特別に百歩譲って二歩下がろう。ニタニタでもヒタヒタでも可。ううん、やっぱニタニタはちとつらいかも知れない。ちなみに、妙齢とは「若いお年頃」のことであり「奇妙な年齢」という意味じゃないので念のため。ほら、ご覧。日本中に足跡を残している愛用の靴だよ。妙齢の靴ゆえにあと3年は激しく愛したい。

コメント

  1. さとぽん より:

    う~ん、写真から臭ってきそうだ。で、結局のところ高知に何をしに行ったのかが全く伝わらない。今日のところは布石を打つといったところだろうね。高知どころか四国にすら足を踏み入れたことがないよ。死ぬまでに一度は香川に行って本場の」」・讃岐うどんを食べてみたい。香川出身者に丸亀城なんて観る価値がない、なんて言われちゃったけれど、それでも観てみたい。

    • 砂漠王 より:

      写真から想像したニオイの8倍以上は確実にキョーレツだお。ハハハ、さとちゃん、おはよ!別に高知に行きたかったわけではなく、じゃらんをサ~フィンしながら一番GoToでお値打ちに行けそうな場所をサーチした結果だお。ハハハ、そんな奴ですこの私。いやいや、本場の讃岐うどんはモーレツに美味いし丸亀城の石垣はマニアやフェチでなくとも頬ずりをしたくなるはずだよ。いいかい、マジで。来年はいつからGoToが再開するか分からないけれどとりあえず今のうちから候補先を5~6箇所くらいリストアップしている真っ最中の僕がいる。