紙の紙一重

はい、クリスマス・イヴには山下達郎の定番をYouTubeで視聴し、クリスマスの夜にはディケンズの『クリスマス・キャロル』のページをめくるというすっげぇ分かりやすい行動パターンのミーハーな自分が愛おしくて仕方ない巻頭文はここまでです。ふと思ったが、ミーハーって死語か?まあいい。ちなみに、あくまでもページをめくっているだけで読んでいるわけではないのでイチイチ念のため。さらにちなみに、僕のそれは初版が1952年の村岡花子訳のものなので『クリスマス・カロル』と表記されている。僕のとっておきの個人情報を共有できる喜びを今一度、じっくり噛みしめたまえ。とは言え、小説はいいよね。このように何回も読み返すことによってさらにより味わい深くなれば、年齢を重ねるごとに解釈も異なってくるという新たな気付きも生まれる。念のためもう一度言おう。今回はあくまでもページをめくっているだけで読んでいるわけではない。ったく、僕は磯が死んだ。何回も同じことを言わせるな、この野郎。ところが同じ活字でも新聞はと言えば、一週間前のそれはよく燃えるゴミ同然。せいぜい年末の大掃除の際に丸めて窓を磨くために利用されるのが関の山だ。ここまで書いて言うのも何だが、今回はどうやってオチを付けてどのように〆ればいいのだろうか。

コメント

  1. さとぼう より:

    クリスマスなのにぼっちで寂しいといった内容の話と理解したけど。因みに自分はニュータマミヤで四肢をバタバタさせていたので、ぜんぜん寂しくなかったよ。ただアルバイトに入ってもらっていた大学生(女子)が不憫でならない坂本(泣)因みにバローでパートに出ている姉が昨日で記念すべき古希を迎えたって。会うことがあったらおめでとうと代わりにお伝え下さい。

    • 砂漠王 より:

      あれ?サラッと『ウドちゃんの旅してゴメン』のファンのニオイがするぞ。ハハハ、さとちゃん、おはよ!今まさに、バローで買ってきたメンチカツとサバの竜田揚げをハイボールで押し流してご満悦♪ハハハ、おねえさん、どうもありがとう。そして、おめでとう。ちょっと薬師寺まではモーレツに遠すぎるよね。歩いて13時間以上もかかるって。