2021年の大晦日の午後3時34分はこの僕と一緒にオードブリませんか?

僕ほど和食が微塵も似合わない男も珍しいだろう。だって、58メートルくらい距離を置いて見れば容姿がイタリア系だから。ハハハ、今年も最後だ。冗談でも言わせておくれよ。はい、それくらいの距離があれば誰も文句は言わないと思う巻頭文はここまでです。僕にとっての唯一の致命的な欠点は白川郷の合掌造りのようななで肩だけだ。だから、そんなことはどーでもいいんです。最初に戻って和食ではなく洋食ゆえにお正月もおせちではなくオードブリー。「黒豆なんか食ってられねぇよ」と言ったら「美味しいじゃん」と返した奴がいるが、だったら5月も8月も食ってやれよ、この野郎。この時季にだけ重箱の隅っこで寄り添っている黒豆を溺愛するなんざ、大衆迎合主義の権化のような愚か者だぜ。おせちの黒豆ひとつでここまで引っ張ることができた僕を全力で褒めまくってほしい。では、今からブラッサイの「珠玉の玉手箱」を食いまくります。PayPayに残高があってよかったよ。

その後、やっぱ年越しそばは必須だね。ってことで、いつもの緑のたぬきをすすった大衆迎合主義の権化のような愚か者を油絵に描いたっぽい僕がいた。君たちもせいぜい良いお年をお迎えください。

コメント

  1. さとぴん より:

    どうやらお互い生きながらえて新年を迎えられた様だね。新年と打つのに何度も深淵と内間違えた縁起の悪い巻頭文はここまでです。因みに悪魔学によれば「深淵」とは人間の行き着く最後の未来を意味するらしい。なんだよ、悪魔学って。昨日はわざわざ雪の中をありがとう。派手な大晦日を過ごせて良かったね。こちとら娘二人が嫁の実家に泊まりに行っちゃってるもんだから、B型二名とO型1名でまるでお通夜の様な大晦日だったよ。さて、車の雪かきでもしますか。嘘の様な本当の話。此方はすでに軽く20cmにもなっているよ。

    • 砂漠王 より:

      こっちはほぼ1センチ。本当に良かった、川南に住んでいて。ハハハ、さとちゃん、おはよ!ア~ンド・おめでとう!まったくだよ。昨日は「何で命がけでオードブルを取りに行かなきゃいけないんだよ」とコメダ珈琲店を通りすぎる頃に怒りの導火線に火が点きかけたけど雪で消されちまっただよ。ハハハ、君も命拾いをしたようだね。では、西友まで新年早々のオードブリーを買いに一滴増す!