青い瞳のステラおばさん

次女が撮った僕の後ろ姿を見たら「ん?雪が積もってんじゃん」と驚いたパパの僕だった。ハハハ、案の定、白髪だよ。自分の後頭部を生で見ることなんてないじゃんね。正面から見たらイタリア系の僕だけど背後から見たら東南アジアの屋台に出没するハクビシンじゃねぇか、この野郎。まあいい。知り合いの外国人から「ナンデニホンジンハカミヲチャイロニスルノデスカ?ワタシハクロイカミガステキダトオモイマス」とカタカナで言われたことがある。「オモイマス」と「サツキマス」はほぼ似ている。「ダトオモイマス」と「ダトニオイデス」も似ているけれど後者が僕が20年くらい前に飼っていた大型の熱帯魚のことだと分かってくれる者が皆無だと思って躊躇しちまったぜ。ちなみに【本当は別に見たくもない『冷たい熱帯魚』】の右下の縦縞模様の魚がそれです。いい時代だった。許されるならばもう一度だけ熱帯魚を飼いたいが絶対に許してもらえないだろう。ま、何と言っても前科4犯だから♪話を戻そう。外国人は黒い髪、黒い瞳に憧れているのにわざわざ髪を小汚い茶色に染めて目の中にはゾンビにしか見えない青いコンタクトを入れる体は重いのに尻がすっげぇ軽そうなジャパニーズ・ウーマンが多いのはなぜだろう。そんなもん知らんし興味もないがな。ってことで、新しいノートパソコンを買うべくHPに電話をしている僕がいる。どうやら1月下旬の出荷らしい。

コメント

  1. さとりん より:

    結局、買うことになったんだ?
    復活したとか言っていたのに。
    お千代保稲荷で遊んでいたらなんか呼び出しをくらって玉宮界隈なう。
    無粋な野郎だぜ。
    いかんいかん、街の重鎮をそんな風に思ってるだなんて内緒だお。
    しかし土曜日だってぇのになんて少ない人なんだろ。

    • 砂漠王 より:

      このタイトルを見て柳ジョージ&レイニーウッディーのパクリだとどれだけの人間が分かってくれただろうか。ほぼ皆無だお。ハハハ、さとちゃん、こんばんは!結局、
      壊れてからではあたふたするんで早めに買っておくことにしたんだ。そんなことより
      『ブリキの太鼓』の浮気女がウナギやイワシの缶詰やニシンを生のまま猛然と食べるシーンが目に焼き付いて離れない僕ゆえに令和の今でもイワシの缶詰を食べるときは「うっ」とくるんだお。

      • さとりん より:

        もちろん、柳ジョージーな自分はお見通しだお。彼の「雨に泣いている」とカルメン・マキの「私は風」はかなりショックを受けた邦楽だった。今の歌謡曲はギターソロのPartがないがしろにされているからね。ロックだと言われてもどこか納得出来ないでいる。『ブリキの太鼓』もわかってくれた人はほぼ皆無だろうね。

        • 砂漠王 より:

          さすがは世界のさとちゃんだぜ。顔中のヒゲを生やしたときに「柳ジョージとマイケル・マクドナルドのどっちっぽいかな?」と聞いてもどいつもこいつも答えられなかったもんさ。学生時代に中日シネラマ劇場で『ブリキの太鼓』を見終わってからガラスに向かって「あ゛ーーー!」と叫んで割ろうとしたけど無理だったお。