ひろくんの逸品シリーズ第3弾:ジャパニーズジン「翠(SUI)」

ジンをベースにライムジュースを加えたカクテルをジン・ライムと呼ぶ。で、それをシェイクすると僕の大好物のギムレットとなる。だったらジン・ライムを口に含んでブルブルブルっと顔を小刻みに左右に振るとギムレットになるという隠し技を特許申請したろかしゃん。ドアホ、絶対にしねぇよ。っていうか、ギムレットにならねぇよ。本当にゴメンね、こんな残念ちゃんな致命的に悪い性格で。はい、それも憎めないところではあると鏡の中の弘道君に微笑み掛けている巻頭文はここまでです。ほら、僕ってハードなボイルダーのフリをしているだけで実際にはタフガイどころか一昨日の早朝に漁師の網に引っ掛かったホタテガイのようにフニャフニャだし。触ったことがあるのか、この野郎。総額20万円くらいかけて全身をDCブランドで着飾っては「ぎ、ぎ、ギムレット」とカフェバーでカッコつけていたあの頃が懐かしい。今では年中無休でパジャマっぽい部屋着だけど大和田(爆)。ハハハ、平日の真っ昼間から小岩井のレーズンアンドバターをつまみにこれをクイクイ飲んでいると安月給でマジメに働いている以下同文がバカにしか見えない。ま、それも賛否両論だと思いますよ。

コメント

  1. さとりん より:

    「日当たり良好!」をとっさに思い出すのは明らかに同世代。どこにいってしまったのだろう、伊藤さやか。バブル時にアサヒ芸能が柳ヶ瀬のCOAに取材に来てさ、で、どの様な記事になったかといえば、「黄昏時にはソフトスーツのヤングエグゼクティブとボディコンワンレンのレディでいっぱいだ」だった。なんだよ、それ大和田(爆)ま、確かに餌も要らず釣り糸を垂らせば釣れる時代だったことは確かだったね。いい時代だった。戻りたくとも戻れないけど。

    • 砂漠王 より:

      只今、四日市くんだりの真っ最中。ハハハ、さとちゃん、こんにちは!案の定、食い過ぎ飲み過ぎでお腹が痛ひ・・・。ところであーた、伊藤さやかってあーたと同い年じゃんね。おっといけねぇ、客人が電話から戻ってきたぜ。ちゃお!