見た目と重ねた歴史にめっぽう弱い僕

「ねぇねぇ、知ってる?」と主題の前に問い掛ける愚か者が苦手な杉山です。ねぇねぇ、知ってる?だから、早く言え!弘道、了解でーす!昨日、岐阜駅~恵那市の岩村駅を列車に揺られた僕がいた。岐阜駅~岩村駅の乗車賃は2010円なのに、なぜだか途中の多治見駅で下車して再度、乗車すると1940円になって70円もお得なんだよね。でもね、乗り換えのために52分間も待つので近くのイタリアンレストランで飲んで食って1958円も使っちまっただよ。バカ。ま、こういうところが憎めない僕なんだけれどなぜにみんなは平気で僕を憎んだり恨むのだろうか。ま、それもまた風情。さらに風情と趣のある岩村界隈の松浦軒本店で買ったカステーラわず。これはカステラじゃないよ、カステーラだよ。その同じ通りに松浦軒本舗もあったが、速攻でググったら前者の創業が寛政8年で後者が明治15年。見た目と歴史にひざまずく僕ゆえに当然のことながらこのような結果となった。

コメント

  1. さとりん より:

    自分ならば意表を突いて「かめや」で買うかも。「半分、青い。」は観ていないけど、本舗の方が出たのかな?酒蔵前が本店だっけ?ちゃんと公約通り2月中に行けて良かったじゃんね。駅から城址までの距離はさぞかし運動不足の解消の助けになったことだろう。次回、訪れることがあったならば「加登宇酒店」で『五平餅』を堪能することにするよ。

    • 砂漠王 より:

      いまだに太ももがパンパンのおスギだお。ハハハ、さとちゃん、おはよ!残念ながら「かめや」は定休日だったんだよね。カフェでまったりしようと思ったのに・・・。かんから餅が食えたんでまあいい。しかし、あの店に若い娘っ子の店員がいたのには驚いたっぴ。さとちゃん家もいよいよソフトバンキーに汚染されちまったようだね。とりあえず今のところ電気もとどこおりなく供給されている我が家です。