ジン・ライムと豆大福のある風景

『おしん』より泣ける悲しいお知らせです。ほら、ご覧。これが今日の僕の食事だよ。食生活が元に戻っちまった僕がいる。ちなみに、ジン・ライムの隣に鎮座するのはおにぎりではなく豆大福だお。いいかい、マジで。ま、食べられるだけでも幸せだよね。フツーに生活しているだけで平気で体重が一日に1キロも減っていく恐怖をチェルシーのように君たちにも分けてあげたい。では、また明日。

コメント

  1. さとりん より:

    あと2ヶ月もすれば消えてなくなるのか。物理的に可能なのだろうか?豆大福だけでも大丈夫だよ。電車旅の度に過剰にカロリー摂取しているから。均せばちょうど良いんじゃないかな。ま、ジンライムのお供としてはどうかと思いますよ。ビールよりマシかとは思いますが。

    • 砂漠王 より:

      ったく、今年の花粉にはまいったぜ。目が痒いしクシャミは止まらんしで悲惨だお。ハハハ、さとちゃん、おはよ!あの世界のアツローですら京都に行く気も萎えちまうキョーレツな花粉。ただでさえ0に近い思考力がマイナスになっちまう。いいかい、マジで。君ってよくこれだけの花粉の中で山の中を走ることができるね。ま、それは人としてどうかと思いますよ。