ひろくんの逸品シリーズ第4弾:バローの八百屋のフルーツ&ミックスナッツ

「僕の前世は2メートル以上は登れない高所恐怖症のリスじゃないのか?」と信じて疑わないくらいドライフルーツとナッツが好きだ。特に前者は一気呵成にお口に詰め込みすぎて無酸素状態になって窒息しそうなくらい溺愛している。ほら、ご覧。これで1280円のお得用サイズだよ。ちなみに、柑橘系が苦手な僕ゆえに当然のことながらフルーも苦手でほとんど食べない。しかし、それが見事に干からびて絶妙な味わいとなったドライなフルーツは炊き立ての白いご飯に振りかけてもいいくらい大好きだ。絶対に振りかけんけど。では、これからジン・レモンをすすりながらむさぼりまくるのでそろそろ今日の〆に入ろう。人間もフルーツも熟した後にしぼんでシワが刻まれてからが勝負だよ。

コメント

  1. さとりん より:

    ドライフルーツは余分な水分を削ることによって甘味と旨味が凝縮されるんだよ。それに引き換え人間から水分を抜いてしまったらただの骨と皮になってしまい使い道があるどころか病院やら葬儀場やらに余計な出費が派生して要らんこと尽くめだよ。そこで自分はといえば長浜で買ってきた「元祖堅ボーロ」を貪る予定は未定。歯医者の予約を思い出させてくれる堅さだった。

    • 砂漠王 より:

      性懲りもなくこの僕の大好物の長浜を荒らしまくっているようだね。ハハハ、さとちゃん、おはよ!翼果楼は午後3時を過ぎると貸し切りだお。当初は熱海で「いい店を見付けた」と喜んで入った杉養蜂園だけれどふと気付いたら全国の観光地に手当たり次第にあるんで今ではあえて入らない綾小路(笑)。う~ん、今日はいい天気だぜ。大嫌いな潮風にでも吹かれてこよかしゃん。