大滝詠一の一日

湿気でムシムシしていたのでYouTubeで大滝詠一の『さらばシベリア鉄道』を聴きながら原価は0の涼を取っていたら勝手に『君は天然色』に変わってその次の『夢で逢えたら』が流れた時点で完璧に寝落ちていた今日この頃、大滝詠一が岩手県出身だというのが僕のイメージとはかけ離れているため神奈川県鎌倉市出身にしたらどうだろうか。ま、それは岩手県民から非難ゴーゴーだと思いますよ。しょーがないなぁー。この際だから僕が土臭い岐阜を捨てて湘南ジジイになってあげるよ。ハハハ、岐阜県民は歓喜だぜ。今日はチマチマと朝から晩まで引きこもっていたので欲求不満が止まらない。今日の晩ご飯になるであろうてんこ盛りの冷凍食品をフライパンでボコボコに炒めている真っ最中。

コメント

  1. さとぼう より:

    平和通りを渡ろうとしたら冠水しているのに気付かず両足を水浸しにした事はありませんか?号泣しそうに現在進行形。金町のファミマに行くのを断念した。素直に長住町のLAWSONにしておけば良かったよ。ほら、住田町とか玉宮町にいると少しは異国情緒を味わってみたくなるでしょ?今日から仕事です。

    • 砂漠王 より:

      ふ、仕事をするなんて人として最低だね。ま、君が人だったらの場合だが。ハハハ、さとちゃん、おはよ!大津で鰻を食ったと聞いて「どうせかねよできんし丼だろ」と思ったらあーた、案の定で笑っちまっただよ。ったく、昭和末期人間は分かりやすい行動パターンだこと。ってことで今、確認したら僕のグーグルマップには「御饅頭処餅兵」がマーキングされている。おそらくテレビ愛知かどっかの旅番組で見たんだと思うけど。パーッと出掛けたいねぇ。