意外に高い命の値段

「一体が3300円もするだとぉ!?」。安い君たちはご存じだろうか、リカちゃんのパパとママの命の値段を。問屋町界隈の頭の悪い社長の命より高いじゃん。ま、それも賛否両論だと思いますよ。「2つで7000円近いじゃん・・・」と分かりやすく凹んでいたら「あ、やっぱこっちがいい」とサーティワンのグッズ&コスプレをチョイスしたちびっ子ギャングのビッグ。おぉ!こっちは2つで3000円ちょいだ。「サーティワンは最高だよね」と頭の上から洗脳するように小声で繰り返した祖父である僕だった。はい、今月の最難関の問題である誕生日プレゼントを無事にクリアしてホッと安堵した巻頭文はここまでです。やっぱ世の中、持つべきものはお金だね。今日もいい一日だった。

コメント

  1. さとぼう より:

    玩具を買うのにわざわざ川を渡るのはさぞかし苦痛だったろうな。ははは、同じ渡るなら木曽川をわたってキリオに行くのも手段だけど、岐阜県人が愛知の軍門に下るのも潔しとはしないよね。ただ、Amazonの所為で青色吐息のトイザらス救済に微力ながらも乗り出す行いたるやご立派。マーサも大型テナントだけに出ていかれては困るかるんだよね。必死に食い止めているらしいよ(笑)

    • 砂漠王 より:

      大学病院の帰りにはちょうどいいマーサ三宅いや、マーサ21。っていうか、マーサ三宅ってご存命じゃん。これにはびっくらこいたぜ。ハハハ、さとちゃん、おはよ!あーたね、この僕の行動計画を先回りするのはやめにしてくれないかな。思いっ切り1ヒットじゃねぇかよ。キリオだよ。ったく、近いうちに行こうと思っていたのに。まあいい。マーサのトイザらスも大変そうだったよ。値段もドンキの加納店のほうがはるかに安かったしね。なかなか厳しい世の中だねぇ。そんなことより糖分の接種とまいります。