世界のアツロー、肉を食いながら割を食う

ほら、ご覧。嫌でもご覧。イラッときてもご覧。この僕の数少ないネタ元だよ。ネタに困ったときは世界のアツローに会おう。間違いなく何かやってくれる。大変驚くべきことに、当の本人はまったくその気はないのに「世界の衝撃映像」級のミラクルを引き起こしてくれるんだ。いいかい、マジで。ってことで、世界のアツローとランチを満喫すべく大垣くんだりにある『ブランチヒロノヤ』なう。やっとガラケーからスマホに替えた世界のアツロー。案の定、犬が星を見るように使い方をまったく理解していない世界のアツロー。PayPayの設定の仕方と利用の仕方を優しく教えてほしいと懇願する62歳になった世界のアツロー。アツロー、あなたってアツローは・・・。結局、グーグルのIDとパスが分からなかったと言うかそもそもアカウントを取得しているのかどうかすら記憶にないらしくバカげた世間話をして終わった。アツロー、あなたってアツローは・・・。今日もいい一日だった。

コメント

  1. さとりん より:

    とかなんとか言いながらも仲良しだよね。数少ないなんて見栄まで張っちゃって〜。唯一でしょ、唯一。希少性はあっても希少価値が無いとはいえあっちゃんには長生きしてもらいたいよね。いつか酒井亭で仲良く蕎麦をすすれたらいいね。もちろんあっちゃんの奢りで。