0と1に蝕まれている氷の世界

一昨日は熱海まで往復10時間の鉄旅を楽しんだ僕だった。ハハハ、たった10時間ぽっちの旅さ。もう当分はいいけど哀川(笑)。今後は可能な限り往復8時間以内にしようと思いばぶ。そこでだ、人間ウォッチングが趣味の僕ゆえに乗客たちを舐めるように観察していたら98%の者たちは終始、手元のスマホを鬼っぽい形相で凝視していた。列車に乗ってから降りるまでずーっとだよ。ったく、飽きねぇのかよ。こっちが呆れるよ。ところで残りの2%の者だが、鞄から紙のカバーがかけられた文庫本を取り出しページをめくったり車窓を眺めていたり何やら手帳にメモ書きをしたりしていた。見るからに利発そうな男子高校生がいたので勝手に掛川西高校の生徒だと思っていたが、彼は付箋がモーレツに貼ってある分厚い問題集を左手で吊り革を持ったまま右手で解いていた。ちょっと前なら当たり前の光景がステキに思えてしまうのはなぜだろう。あの頃のセピア色の懐かしい風景が鮮明によみがえってきた。かく言う僕はスマホのアプリに他人の悪口を残酷な物語にして書き込んでいた。

コメント

  1. さとりん より:

    このハンバーガーは若き日の宮崎美子ならずとも恥ずかしくて食べられない。しかしあのCMはいいよね。柳ヶ瀬にあったマクドナルトが懐かしいよ。見慣れた風景を毎日、見させられるよりもスマホを見ていた方が有意義に過ごせるってもんだよ。車窓が楽しめるのは他所からやってきた連中くらいのもんでしょ。お江戸が長い奴らは前を向いて歩けるけど田舎者は上を見て歩くんだよ。そろそろYou Tubeで名古屋へ一滴増す。

    • 砂漠王 より:

      このハンバーガーを食った後にフツーにエビフライを食える女系家族の胃袋の容積が僕にはとても想像つかない。まぁ、よくそれだけ食えるよね。ハハハ、さとちゃん、早めのこんにちは!暑い・・・。もはや熱いのほうがぴったりの表現かも知れない。僕はね、岐阜から西岐阜までの区間でも車窓を食い入るように見てるんだよ。そう、こんなところにも住んでいる人がござるって感じで。今日もチマチマ内勤作業だよ。ふぅ~、パソコンを守るために電源をオフにしてスマホでできる何気に簡単な作業に取り掛かりばぶ。