買う買うとき買えば買え買いなさい買いやがれお願いですから買ってください

ほら、ご覧。この僕が敬愛してやまないレイモンド・チャンドラーの『マーロウ最後の事件』だよ。20年前には手元にあったと思うけれど、その当時から「マーロウの『ー』がちょっち長くないか?2ミリくらい短いほうが正解じゃないか?」と思っていた僕だった。スッキリしたぁ。その当時からずっと悶々としていたんだよ。そこで几帳面に定規で測りましたところ表紙の「マ」「ロ」「ウ」は7~8ミリで「ー」は1センチだった。やはり間違いなく長い。ちなみに、チャンドラーの「ー」も1センチだった。このデータを出版社である晶文社に送信したろかしゃん。それはそうとアマゾンで調べたらKindle版はあるもののハードカバー版は絶版だった。今となっては確実に貴重な本だよね。そこでだ、この本の裏表紙に僕のサインを入れて29800円で譲ってあげよう。早い者勝ちだお。

コメント

  1. さとりん より:

    マーロウといえば「マーロウのビーカープリン」。今でも人気があるのだろうか?と思って調べてみたらオンラインショップがあったから是非、買ってみてくれたまへ。しかし、パソコン見るのにもシニアグラスが必要な昨今、字を読むことがこれほど辛くなるとは10代の時には想像もしたことなかったよ。当たり前やっちゅーの。

    • 砂漠王 より:

      すでに湯上りの色男。想像しちゃいやぁ~ん♪お前は変態か?ハハハ、さとちゃん、こんばんは!ふ、マーロウのビーカーでそこらの野菜の茎を地味に地道に年中無休で発毛させてるぜ。ミノキシジルでも垂らしたら効果あるかしゃん。パソコンもだけどスマホの文字なんて黒いカタマリにしか見えんがね。毎日、生きるのがやっとだぜ。