物理的にも精神的にも遠いひるぜん日田焼きそば

う~ん、焼きそばでも食うか。「でも」とは何だ「でも」とは。はいはい、どうもすびばせんねぇ。せっかくなので「ひるぜん焼そば」か「日田焼きそば」でも料理したろかしゃん。「でも」とは何だ「でも」とは。ちなみに、ひるぜんは「蒜山」と書いて岡山県真庭市の北部にある地方の地名なのでイチイチ念のため。日田は大分県日田市の地名で盆地がゆえに真夏には殺人的な暑さに襲われるのでイチイチ念のため。結局、ネットで料理の仕方を見ても分からない以前に理解する気もなかったので定番の鉄板焼きそばに落ち着いた。だが、どうやら日田焼きそばを提供する『想夫恋』が僕の母校の名城大学の近くにあるっぽいので機会があったら是非、訪れてみたい。ま、機会があればの話だが。

コメント

  1. さとりん より:

    日田焼きそばはどうやら豚骨味らしいね。なんか臭そ。自分は長田本庄軒の「ぼっかけ焼きそば」を推奨する。太麺がいいんだよね。富士宮やきそばが食べたくなったら「玉宮大飯店」にどーぞ。しかし、客引き条例が施行されたというのに話に聞けば全く数が減ってないらしいね。行政はとことん馬鹿にされているよ。今晩、久しぶりの現場なのでリポートして参ります。

    • 砂漠王 より:

      日田焼きそば、最強で最高!ハハハ、さとちゃん、こんにちは!僕は今、ベロベロに酔ってばぶ。ひっくぅ~♪おぉ!今日からスタートだね。ポン引きだけど、なんなら僕が「条例違反じゃないんですか?いいんですか?捕まるんじゃないんですか?」と動画で撮影しながらやってもいいよ。あーいう連中がへどが出るくらい大嫌いなんでウエルカムだお。