西教寺と針江生水の郷を満喫した世界のアツローと僕@滋賀県大津市・高島市

ただいま。おかえりなさい。どうもありがとう。今まさに、滋賀県から帰ってきた砂漠王。ハハハ、大津市にある明智光秀ゆかりの西教寺を堪能した後に高島市の針江生水(しょうず)の郷を訪れた。西教寺はこの8月に訪れるはずだったが、あまりの暑さで15分くらい手前まで歩いて引き返した。

青空に映える重要文化財の本堂がとってもステキ♪観光客の女性2人が「これって何て読むの?」と首を傾げていたので「熙子(ひろこ)ですよ」と教えてやった。そう、明智光秀の妻のことだよね。

その後、世界のアツローのクリーン号で高島市へと向かうと『川新』で琵琶湖の恩恵がてんこ盛りの「湖国御膳」を堪能した。実にマーベラスだった。近所にあれば足繁く通いたい。近所にないけど。

午後1時45分。テレビの旅番組や雑誌などで幾度か目にして以来、行きたくてたまらなかった針江生水の郷を訪れた。いい。湧水が生活用水としてはるか大昔から定着しているステキな集落だった。

コメント

  1. さとりん より:

    おっ、いいねぇ~、針江生水。針江生水の郷といえば上原豆腐店だよね。行ったことも食べたこともないけどいつか行って食べてみたいと思ってたんだ。やはり「足」があると行動範囲も広がっていいよね。クリーン号っていうんだ?では自分もパブ号とでも名乗ってみますか。西教寺はいいね。わざわざ通行料まで払って延暦寺などに行かずにそちらに行っておけば良かったと後悔したんだよね。次回、休業になった暁にお邪魔することにしよう。

    • 砂漠王 より:

      身も心も間違いなく汚い世界のアツローなのにクリーン号とはこれいかに。ハハハ、さとちゃん、おはよ!ランチで食べた豆腐が針江生水の郷の豆腐店のものなんだけどすっげぇ美味しかったよ。しょうゆも何もかけずに食べてほしいと言われた僕だけどたしかに滋味あふれるものだった。まぁ、水がキレイだと嫌でも長生きはするよね。ちなみに、今日の晩ご飯はそこで買ってきたゴリの佃煮だお。