おそらく今は青だろう

あなたも年に一度は瞳孔を開いてみませんか?「オープン・ザ・瞳孔同好会」会長の杉山弘道です。毎年12月になるとかかりつけの眼科で両目の瞳孔を嫌でもパカッと開いて入念なチェックを受ける僕がいる。誤解しないでほしい。別に好きでやってもらっているわけではない。案の定、歩いて帰る途中、まともに信号が見えやしない。でも、今日は雨だったのでまだマシだった。ったく、ここまで書くのに45分間も費やしちまったぜ。まあいい。今日の晩ご飯は箸を使わないエビグラタンです。

コメント

  1. さとりん より:

    山内眼科で経験済み。飛蚊症かな?と思って診断してもらったら案の定、飛蚊症だった。晴れだと気になるんだよなー。同じく長住町を壁伝いに歩いて帰ったよ。まぁ、何にしても無事のご帰還、おめでとう!かくいう自分は頚椎症性神経根症がまたまた顔を出して来て死にそうに左半身が痛ぇ。もう、本当にダメかもしれない。

    • 砂漠王 より:

      何だよ、死んじゃったらさすがの僕でも寂しくなるじゃ内科外科整形外科に行ったらどうなんだ。ハハハ、さとちゃん、こんにちは!僕もね、岩井まで貸し切り状態で岐阜バスで行ったとき終点で降りようとしたら足に力が入らなくてスクッと腰が抜ける一歩手前だったんだよ。完璧に末期状態の腰痛ヘルニアが原因だがね。でもって、手先のしびれが腕にまできたし。これは頸椎ヘルニアだね。なのでステキでマーベラスな整体を探しているんだけどなかなかないねぇ。しびれる指でググるからかしゃん。んなこたあない。