ブルーマンとオレンジウーマン

今日はかかりつけの整形外科でレントゲンを撮った。ハハハ、かかりつけと言っても肉離れになった14年前以来だけど哀川(笑)。この際、説明しよう。肉離れは俗称であり正式名は筋挫傷と言う。君たちってタダで勉強できて本当にハッピー野郎だね。弘道の帰り道、僕の横を新種の妖怪のような鮮やかな2つの物体がスーッと駆け抜けた。おぉ~!それはブルーマンとオレンジウーマンだった。この界隈で都市伝説になっていると言うか、これから僕が都市伝説にしようと思っている真っ最中。

コメント

  1. さとりん より:

    腰か?とうとう整形外科の世話になるところまで逝っちゃったってこと?地球に重力がある以上、色々と頑張っても、もう無理なんじゃないかな。因みに首のヘルニアとも呼ばれている頚椎症性神経根症は今のところ寛解だよ。ただ、またいつ顔を出すかと戦々恐々だけど。あれだきゃ本当に辛いから勘弁して欲しい。

    • 砂漠王 より:

      不本意ながらババ抜きができるくらい財布の中に診察券が増えた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。ハハハ、さとちゃん、おはよ!整形外科医はすごいよね。僕の腰骨の一部をスッと親指で押して「ここ、痛いでしょ?」と。それがあーた、言葉にならんくらい激痛が走ったがね。まるでケンシロウに秘孔を突かれた気分だったよ。不思議なものでね、血流を良くする薬とビタミンB12の錠剤を飲んだらこれがまた痛いのが面白いように治まったんだ。最初から整形外科に行けばよかったんだけど、十数年前に行ったや〇が整形外科の院長の態度が生意気であまりに偉そうだったんでうんざりしたんだよ。僕が苦しんだのはあいつのせいだよね。