クロマイに必要以上に願いを込めて

『フランダースの犬』の最終回と同じレベルの悲しいお知らせです。僕の臀部、つまりお尻の左側にデキモノが勃発して数週間が経過するのにまったく治りません。もうダメかも知れない。今まさに、地味に地道に痛くてたまりません。そのためフツーに椅子に座ることすらそこそこ困難な状況です。この苦痛をチェルシーのように世界中の哺乳類にも分けてあげたい。ちゃんと受け取れ、この野郎。ゲテモノに勃発したデキモノを退治すべく万能軟膏であるクロマイを塗りたくっている現在進行形。

コメント

  1. さとりん より:

    オデキ、感激!宅の坊主がめでたくも杉山家のご息女と縁を持つことになったらクロマイが誕生することになるね。しかし、腰がいてぇだの熱中症だのおデキだの忙しい人だな。心が無い分、身体があることを実感出来てるんじゃない?今日は嫁が自宅にいるものだから、お出かけしたかったんだけど現場にいかなきゃいけない用事があるんだよね。くと暑いのに嫌になるよ。

    • 砂漠王 より:

      (爆)。あーたね、僕と知り合って23年目だけど今までで一番面白いじゃないの。ハハハ、さとちゃん、こんにちは!でさ、樽見鉄道の大垣駅で降りたら自動改札機に通せるチケットが車掌さんから手渡しでもらえるんだお。これはプチ鉄っちゃんでもジョーシキだお。しかし、あづい・・・。居酒屋より水を固めて砂糖水をぶっかけて売るだけのかき氷店のほうがぼろ儲けできるよね。