このまま秋が訪れてほしい正午に食べる広島風のお好み焼きと牛スジと御座候

柳ヶ瀬商店街を1ミリでも繁栄させるために岐阜タカシマヤを死守しよう!という美しい趣旨の下、岐阜タカシマヤの地下1階で広島風のお好み焼きと牛スジを買った僕だった。いい。僕は実にいい。では、大量に買った食後のデザートの御座候を食います。とにかく今日は涼しくて何気に助かった。

コメント

  1. さとりん より:

    青色吐息の玉宮も宜しくとお願いされたので丸投げするね。21時のなんちゃらっていう、夜中のパフェ屋が人気を博しているらしいじゃん。住田町は岐州とそこで大いに賑わっているとか?一方、くろのは言わずもがな。そういえば羽島くんだりから草餅と一緒にあの人が来てたよ。

    • 砂漠王 より:

      ハハハ、今まさに、木曽福島くんだりからご無事にご帰還あそばされたおスギです。あ゛ー、疲れた。ったく、羽島から草餅となるとこっちは岡女堂の甘納豆攻撃だお。半年かけて常連モドキを30人ほど囲めばあとはネズミ算式に増えるんじゃないの。簡単だよ、必ず常連に友達を1人だけ連れてくるように言えば必ず2倍になるから。