大都会に住む愚、ド田舎で暮らす苦

前にも言ったが何度でも言おう。地方の資本主義社会って最高だよね。こうして岐阜城を眺めながらタカシマヤ友の会カードの権利を行使して『みわ屋』で飛騨牛の朴葉みそ焼きが白いご飯によく合う歯がなくても咀嚼できる絶品の「高山朴葉御膳」を堪能した僕。確実にステキな世の中じゃないか。東京や大阪などの大都会に住む必要性が分からない。とは言え、ド田舎で暮らす勇気や希望もない。この際、名古屋も大都会に入れてあげよう。その大都会に住む主たるメリットは生の芝居を楽しめてオフィスワークに最適な点だろう。しかし、それが今では逆に足かせとなっている。必要以上に人は多いしどこへも出掛けられないしそのくせ地代家賃は無意味に高いし。それって一蓮托生の監獄か?一方、プチ大都会の岐阜はと言えば昨日、発表された全国の地価の中で下落率はワースト1だった。ま、岐阜と言っても高山市の奥飛騨温泉郷の平湯界隈なので何だったら富山にあげてもOKだけど。どちらにしてもこの先、大都会に居を構えるメリットはないどころか命がけのデメリットしかない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のストレスを明日に持ち越したら死ぬまでエンドレス

ほら、ご覧。令和の世になったというのに諸般の事情によりWindows8.1のままのノートパソコンを家庭の事情によりWindows10に無償アップグレードしている真っ最中の僕がいる。が、あろうことか「更新プログラムをダウンロードしています」という状態が46%から37分が経過しても47%に変わってくれなかったので強制的に再起動して終わったった。ハハハ、普段は何気に温厚なこの僕を少しでも怒らせたらどうなるか思い知らせてやったぜ。ググったら対処方法はちゃんとあったけれどその気がなくなったので「あなたは死ぬまで8.1のままでいなさい」と吐き捨てたった。ま、困るのはこの僕だけど気がなくなったので仕方ない。このようにちょっとしたことが原因で日々、ストレスは着実に溜まる。「ストレスが溜まったら近場の温泉に行ってパーッと発散するから平気だよ」などと無責任なことを主張する君。満足に食い物も喉に通らないほどストレスがてんこ盛りに溜まっている状態のときに「よ~し、下呂温泉で派手に楽しもう!」だなんて思わないだろ、この野郎。だから、ちょっとでも溜まったらNGなの。肝心なことは絶えずデリート&クリアして床に就くことなんだ。ってことで、今日の晩ご飯はレトルトの「豊後きのこカレー」にコロッケをトッピングしてご満悦♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まる乗り1DAYフリーきっぷで海沿いを満喫した僕@愛知県知多郡・常滑市

朝から晩まで名鉄電車が乗り放題のまる乗り1DAYフリーきっぷを利用して南知多方面をぷらっと散策した僕だが、旅先の画像を張り付けて文章を綴る作業もヘビィ&タイトなので一人旅に関しては動画にまとめることに決定した僕もいる。動画の編集に時間が掛かるのでちょっちお待ちください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現状に満足していない奴らの見分け方

大量に残った2日目のおでんの具を眺めながら「俺は山形県産のブランドこんにゃくだ」とか「私は愛知県岩倉市の丹羽さんの畑で愛を込めて育てられた美味しい大根なの」などとそれぞれが我先にと見栄を張り合うことはあるのだろうか?と思った僕。だが、彼らがおでんの具として満足していれば見栄の張り合いもないだろう。例えば「僕、東大卒なんだ」とか「私って幼稚園から大学までずっとKOなの」などと空しい自慢をする連中は「現状に満足していない」からそんな犬も食わないことで見栄を張り合うんだよ。グーグルやアップルやアマゾンで「俺、ハーバード野郎だぜ」とか「私ってマサちゅーちゅー、言い難いわね・・・。マサチューセッツ工科大学卒なの」などと学歴を自慢する社員はいない。だって、現状に満足しているから過去なんかどうでもいいんだよ。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毒親

生の母と書いて「毒」。んなこたあない。僕専用のシャンプーや扇風機やバスタオルなどには誤って他の者が使わないように僕の許可もなしに「P」と大きく書かれてある。3分前にふと思ったのだが「P」は「poison(毒)」の略かも知れない。んなこたあないこたあないかも知れない。まあいい。とは言え、できれば「パパ」であってほしい。ほら、ご覧。あの名鉄電車が朝から晩まで乗り放題のまる乗り1DAYフリーきっぷだよ。わざわざこれを買うために名鉄岐阜駅まで歩いて行った僕は、その帰りにスタバに寄ったらほぼほぼ満席で今日のところはあきらめた。仕方ないから駅前の公園でカラスに向かって「最近、どう?」と話しかけていたら左隣のベンチに座っていた若い親子の会話を僕の左耳がキャッチした。母親が「高いお金を払って塾に行かせてあげているのにこの成績は何?」「ごめんなさい・・・」「○○君は本当に優秀な子よねぇ」などといった会話だった。最初に戻って生の母と書いて「毒」。僕は目の前のカラスに向かって「上空から小石を落としてあの母親の脳天に穴でも開けたったらどう?」と話しかけたがカラスは首を縦に振らなかった。鳥類のくせに・・・。「今回の成績は何で悪かったんだろうね?」と親子が同じ目線で一緒に考えることが大切なんだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガストのハッピーアワーで本性を炙り出せ!

ネット上のジャパンネットバンキーからド田舎の農業協同組合へ振り込もうと思いきや、故障なのかカード型トークンの液晶が消えちまってワンタイムパスワードが読み取れず途方に暮れた杉山です。あ、もしかしたら大都会の都市銀行ならOKかも知れないとひらめいてみずほ銀行を選択したものの結果は同じだった。ま、そりゃそうだ。せっかくだからカスタマーサポートのキレイなおねえさんと会話を楽しもうと速攻でフリーダイヤルにかければ滑舌の悪いおっさんだったし・・・。まあいい。ほら、ご覧。気分転換にガスト岐阜城東店の片隅でガーリックソースが芳ばしい「若鶏のグリル」を堪能した僕だった。と同時に、平日の10時半~18時限定でアサヒのスーパードライのジョッキもグラスも角ハイボールも200円(税抜き)というハッピーアワーの権利を行使させていただいた。僕曰く、お酒を飲むと本性が出る。いくらお酒を飲んで羽目を外したところで「お酒を飲んだら車を運転しちゃいかん」という善悪はちゃんと判断できる。その人の本性を知るには最高の機会だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄色く塗りつぶせ

「大きな声で間違ったことを叫ぶ奴」と「小さな声で正しいことを言う奴」がいた場合、高い確率で前者が優先される。そんなことより今年に入ってから1泊以上の旅をしたのは1月の岡山県だけだ。しかも世界のアツローと二人三脚の旅だなんてあまりに僕が可哀想すぎやしませんか。ほら、ご覧。グーグルマップに訪れた地の宿泊したホテルに黄色の☆印を付けて孤独にはしゃいでいる僕がいる。約2年前の【千所千泊のススメ】と比較すれば何気に増えたような気もするがまだまだ足りませぬ。特に東北周辺が悲惨だぜ。ま、北海道は広すぎるので帯広や釧路辺りを飛車や角行の進攻パターンで一気呵成に攻めるとして東北は歩兵や桂馬の如く地味に地道に攻めてみよう。はい、羽生善治九段が一日も早く無冠を脱出することを切に願う巻頭文はここまでです。今日は朝っぱらからムシャクシャカリカリしたことがあったので一日が死ぬほどすっげぇ重かった。お願いだからちゃんとしてくれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後は決まって「まぁ、いつ死んでもいいっか」と嘆いて終わる虫ちゃんと僕

目に入れても痛くないほど溺愛し続けたフランス車を手放した虫ちゃんが意地でもナビを搭載せずにトヨタのプリウスに乗って愛知県西尾市からプチ大都会の岐阜シティにやってきた。やっぱ目に車を入れたら痛かったみたい。はい、つくづく「車はトヨタ、ビールはキリン、家電は松下」が一番だと確信している頭の中は昭和末期のままの保守的な巻頭文はここまでです。ポケベルを知らない令和の若者に「松下電器」と言ったところで意味不明かも知れない。ちなみに、虫ちゃんの最初の就職先は松下電器なので念のため。真っ昼間の12時11分8秒、僕たちは『井ノ口珈琲』の片隅で週替わりランチの中からムダな熟慮の末に「ほうれん草ときのこソテーのトーストサンド」をチョイスすると口いっぱいに頬張り、熱い珈琲で押し流した。虫ちゃん、せいぜい長生きしてね。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

狭い日本、そんなに悩んでどこへ逝く

北海道の生クリームがてんこ盛りに入った缶コーヒーを飲む際にプシュッとタブを引き上げるや否や「あっ!缶を振るのを忘れてた・・・」と凹んだことは誰にでもあるだろう。今まさに、凹んでいる真っ最中の杉山です。3分の1くらい飲んでからブランデーのようにゆっくり缶を回すとしますか。では、ここで最初で最後のクエスチョンです。「カラオケ」「オタク」「テンプラ」の共通項は何?ヒントは「スシ」「エモジ」なども。ハハハ、さすがに君たちでもお分かりだろう。そう、日本語がそのまま世界レベルの共通語になった代表的なワードだよね。ってことは、これらは世界中のどこを探しても存在しない日本固有のオリジナルということになる。とすると「カロウシ」も以下同文だ。英語やフランス語だけでなく世界レベルで「過労死」というワードはない。フツーにチマチマ働けば食うに困らない国なんだからもっとのんびりまったりやりましょうよ。とブログには書いておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「尾崎」「宮代」「蘇原」の3つの中から真ん中を選んだ小市民

昨日は【悪党の役割】を書きながらはるか昔の杉山家の濃厚なDNAに思いを馳せていたら案の定、いい感じに墓参りがしたくなってさっそく出掛けた僕がいた。墓前に手を合わせながら「ご先祖様、この僕は56年間、一度も誰も虫もイジメた覚えはないのに『杉山被害者の会』が創設されるくらい被害者は多いです。それに何も悪いことなどしていないのに実親から勘当されてこの墓に入ることも許されないなんてあまりに僕が残念すぎるとは思いませんか?まあいい。適度にサラッと報われない愚痴も垂れ流したことだしここらで気晴らしに食事でもしようじゃないかジャマイカのスルメイカ。ジャマイカのスルメイカを握ってくれるかどうかは別にして、近くにある『ぎふ初寿司尾崎分店』に左足から入った僕。9秒後にランチメニューの上から2番目、下から2番目の「宮代」を注文した。その際に「本当は一番高い『蘇原』を頼んでもいいんだけど、とりあえず今回は無難な2番目にして様子を見ることにしますか」というアカデミー助演男優賞級の鬼気迫る演技で「宮代」と言った僕の心がない心情をそっと察してほしい。PayPayも使えるようだけれど残高がまったく足らなかったのでJCBカードで支払ったった。墓参りもできたし必要以上に満腹にもなって今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加