頭頂部を「お気に入り」だとしたら喉仏の3センチ下くらいのお気に入り加減

ここ最近、一日に5~6個は舐めまくっているバターボールだよ。意思が伝わらないからドイツ語で心配しないでほしい。これと言ってストレスが溜まっているわけではない。が、弥生会計に打ち込む作業は「昭和かよ!」と憤ってしまうくらい面倒臭い。ほぼほぼ銀行経由の収入及び支出なんだから国が勝手に一覧にして管轄の税務署に送ったらどうなんだ。そうしたほうが脱税のしようもないから理想的だろが。ったく、時間のムダだぜ。話を戻そう。このバターボールは北海道の香りがプンプン漂うものの製造会社は熊本県にあるオークラ製菓なの大和田(爆)いいですねぇ。僕、こういうのが大好きなんだけれど【ひろくんの逸品シリーズ】に取り上げるほどお気に入りでもない哀川(笑)。


首里への道

I found this in Valor.はい、これを古き良き岐阜弁に翻訳すると「これをバローで見付けてまったら買わなかんがね」となる巻頭文はここまでです。今回の重要ポイントは「買わないとあかんよね」→「買わんとあかんよね」→「買わなあかんがね」→「買わなかんがね」という美しいラ行変格活用をほうふつさせる「あ」抜きを成しているところである。だから、そんなことはどーでもいいんです。ただでさえ沖縄そばが大好物の僕なのに、さらに売り上げの一部を首里城の復興のために寄付すると知ったらあーた、そら買わなかんがね。そこで僕から明星食品にお願いだ。売り上げの一部ではなく全額を首里城の復興のために寄付してほしい。それだったら2リットルくらい買ってあげてもいい。


ひろ散歩シリーズ第13弾@橋本町

ブラブラと食ったり飲んだりして無責任かつ無分別&無計画に楽しむだけの無気力な「ひろ散歩」。ってことで、第13弾は橋本町だよ。これを日本語に翻訳すると岐阜駅構内だ。例によってPayPayでお支払いをすると50%が還元されるっちゅう魔のスパイラル商法にまんまと引っ掛かったった僕。エクセルなシオールで「赤ワイン香るチーズハンバーグドリア」を食いながらお値打ちな白ワインを楽しもうと思ったらあーた、アルコールは取り扱っていないとのこと。仕方なく熱い珈琲とセットで1055円。その50%は528円だが、今回の上限は400円なの。世の中、そんなに甘くない。〆には目の前にあるサイゼリヤで白ワインを飲みながらムール貝を食った動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]エクセルシオール カフェ アスティ岐阜店,チーズハンバーグドリア,サイゼリヤ ASTY岐阜店


ぎふ町旅シリーズ第50弾@上加納山

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。こんな画期的な企画をタダでやってあげるこの僕をもっと評価してやったらどうなんだ。ってことで、第50弾は上加納山だよ。読んで字の如くほぼほぼ山だけど哀川(笑)。通称・水道山、本名・瑞龍寺山を一気呵成に登った。登ったと言っても遊歩道に従っただけだけど。大昔、水道山の山頂にはプラネタリウムや遊園地やお化け屋敷などがあった。麓から客をそこへ運ぶロマンスリフトもあった。そして学生時代の僕は、夏休みの期間だけそのロマンスリフトで低賃金のアルバイトに励んでいた。いいかい、マジで。実に37年ぶりにロマンスリフトの支柱と再会した。当時の思い出がパカランパカランと走馬灯のように音を立てて駆け巡った動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]mano,水道山,ロマンスリフト,御座候


必殺視察人

年中無休で丸顔の次女がこれ見よがしに「これ、欲しかったらあげる」と言ってチケットをくれた。たった1回きりのチケットより社会人だったら1520円でもいいから毎月、生活費を入れろよな。それに来月はボーナスが支給されるだろ。と、ここまで出そうになったがグッと堪えたパパだった。どうもありがとう。なるほど、3つの施設のどれか1つに使えるのか・・・。サルに興味はないので日本モンキーパークはないな。南知多ビーチランドは名鉄で往復3000円前後かかるのでないな。ってことで、最初からリルワー、君に決めた!昨年の11月に訪れているものの視察しまくったる。


ぎふ県旅シリーズ第30弾@笠松町

物理的に近いが精神的に遠い笠松町。ま、この僕に精神があればの話だが。ハハハ、少ないなりにもあるっちゅうの。その笠松町をサクッと散策したらあーた、これがなかなかステキな町じゃないの。オグリキャップしか思い浮かばなかった僕の稚拙な脳ミソを許してほしい。雰囲気のいい街道沿いに趣のある古刹も点在していた。大判焼を頬張りながら木曽川を眺めた後に『ブルーリバーカフェ』で巨大なハンバーガーをむさぼると『ききカフ恵』のシフォンケーキで〆た動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]よつかど屋,杉山邸,ブルーリバーカフェ,ききカフ恵


餅は餅屋で粒あんは和菓子屋で

今日は仕方なくYDJの勇気を振り絞ってDIYに変身した僕。ちなみに、YDJは「やればできるジジイ」なのでイチイチ念のため。ったく、外壁がちょっち剥がれてきちまったんだよ。面倒臭ぇ。とりあえず応急処置としてシリコンでコーキングしたが、どうせそのうちまた剥がれちまうだろう。面倒臭ぇ。テレビでいい亭主ぶった芸能人がDIYを楽しんでいる番組があるが、あーいう無責任な番組を放送されると困るんだよね。世の中のすべての男がDIYに適していると思ったら大間違いもいいところだ。僕は大嫌いなんだ。中学生のときに技術家庭の授業の中でチリトリを作らされたが、その際に「僕の人生でチリトリを作る予定はないので今回は遠慮したいです」と言ったら土田先生に烈火の如くド叱られたがね。見た目に血圧が異様に高そうなタイプなんだからそんなに怒るなよな。ま、過ぎたことだから許してやる。餅は餅屋。粒あんは和菓子屋。お金を払って済むなら専門業者に依頼したほうがいいに決まっとる。ま、とりあえず応急処置はしたので年内に依頼するとしますか。


ひろ散歩シリーズ第12弾@清

ブラブラと食ったり飲んだりして無責任かつ無分別&無計画に楽しむだけの無気力な「ひろ散歩」。ってことで、第12弾は清だよ。このところ【清】の登場回数が多くないかい?だって、清の隣町の清本町にあるセータイに通っているから仕方ない。そのセータイでスッキリした後にせっかくなので『とんかつ清』で「ひれかつ定食」を食ったった。味うんぬんよりも今どき喫煙OKなのが珍しい。ううん、決して褒めてなんかいないよ。それどころか喫煙OKの店など無人島にその店しかなくても絶対に行かないよ。ま、今回は店に入って席についてしまったから仕方ない。思うに、禁煙にすればそれなりによくなるかも知れないのに。そう嘆く客もそこそこ多いと思う動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]とんかつ 清,ひれかつ定食


ぎふ町旅シリーズ第49弾@切通

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。こんな画期的な企画をタダでやってあげるこの僕をもっと評価してやったらどうなんだ。ってことで、第49弾は切通だよ。「ねぇ、何て読むの?」「うん、きりどおしさ」。「切って通す」なんていかにも13日の金曜日に打って付けだよね。僕も今日、訪れることができてご満悦。平日の真っ昼間はサラリーマンたちで混雑する『アンダンテ』で「イタスパハンバーグ」を歩く速さで食べるとサクッと界隈を散策した。土砂降りの天気予報が外れてくれて本当に助かった。旧中山道沿いの『サロンドカフェ愛』は完璧にいい雰囲気の喫茶店だった動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]アンダンテ,イタスパ,切通陣屋跡,サロンドカフェ愛


納めてほしかったら4月28日までに送って来い

ほら、ご覧。今年も招かれざる客がやって来やがったよ。ったく、どうして車を所有しているだけで税金がかかるのだろうか。それはそうと5月31日が納期限ならGW明けに送ってくるなよ。もっと早く送って来いよ。こっちはギリギリの青息吐息の家計でやり繰りしてんだよ。いいかい、マジで。そんな大胆なひとり言を明朝体でつぶやいていたらそっち系に詳しい人が「岐阜県自動車税事務所はポンコツ人間しかいないから・・・」と教えてくれた。これで割り切れました。どうもありがとう。4月1日に所有していた者に送付するだけだから4月中に届くように処理することくらい簡単だろ。面倒臭いのでチャージしたPayPayで支払ったったがね。業務連絡です。今日の晩ご飯は検討中です。