日帰借景一覧

3日後には聖火リレーが実施される大好物の聖地で癒された僕@三重県鳥羽市

困ったときは長浜か鳥羽。ハハハ、これは僕の中のジョーシキだよ。ちなみに、この15年間くらい一度も困ったことはない僕だけど。はい、天下無敵で天涯孤独な独り相撲の巻頭文はここまでです。この3月31日に志摩マリンランドが半世紀の歴史に幕を下ろした。間違いなく悲しいことだよね。その悲しみを乗り越えるべく鳥羽水族館を縦横無尽に楽しんだ後に赤福の鳥羽店へ行ったらあーた、徹底的に更地になっていた。間違いなく悲しいことだよね2。諸行無常の動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]名代きしめん住よし,とまり湯,漣,鳥羽城,鳥羽水族館,赤福,喫茶チェリー


厳しい歴史と気高い歴史が入り混じって間違いなく楽しめた僕@福井県敦賀市

駿河(するが)も読めないが、敦賀(つるが)もなかなか厄介だ。青春18きっぷの権利を行使して後者の敦賀を訪れた僕だった。敦賀は大好きなエリアだ。丸1尾のサバを焼いた「浜焼さば御膳」はまるでステーキを食っているかのようだった。越前国の一之宮である氣比神宮も荘厳で見事だった。敦賀赤レンガ倉庫を訪れるとそのまま敦賀湾を臨むベンチに腰を下ろした。〆の『中道源蔵茶舗』の「お濃茶ソフト」も芳醇な風味で絶品だった。ノスタルジックな北の海の動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]地魚料理まるさん屋,氣比神宮,敦賀赤レンガ倉庫,中道源蔵茶舗


ランチの後に熱い湯に浸かるとスイーツとハイボールで〆た僕@岐阜県下呂市

自宅から半径50メートル以内に下呂温泉があればいいのに。ま、それも賛否両論だと思いますよ。それくらい大好物の下呂まで青春18きっぷの権利を行使して一滴増した。少し風が強かったもののピーカンの青空とグリーンの山とピュアな川がステキだった。この僕をメロメロ人間にさせる下呂、あなたって下呂は・・・。実にいい下呂っぷりだった。『Rigolo×Rigolo』では白ワインによく合うヘルシーなランチを堪能した。白鷺の湯はあまりに熱くてほぼ半身浴に甘んじた。水明館の中にあるロビーラウンジ『エビアン』でスイーツやハイボールを満喫した癒される動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]Rigolo×Rigolo,白鷺の湯,エビアン,下呂シュー


運河の街でイワシ三昧の料理と幻のカブトビールを満喫した僕@愛知県半田市

花粉が舞い踊る快晴の下、青春18きっぷの権利を行使して距離的にはほぼご近所の半田を訪れた。まずは『円芯』で徹底的にイワシ三昧。その後は紺屋海道を散策しながら半田赤レンガ建物内にある『Re-BRICK』でカブトビールを満喫した。半田運河も最高だった爽快な動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]円芯,イワシ料理,半田赤レンガ建物,カブトビール,スタバ,中埜半六邸,半田運河


青春時代に下着ドロボーと勘違いされて人生が終わりかけた僕@静岡県浜松市

いいかい、マジで。愛と鉄分の青春18きっぷの権利を行使してこの僕が31年前に下着ドロボーと勘違いされて人生が終わりかけた思い出がてんこ盛りの浜松くんだりを当事者であるこの僕と一緒に満喫してみませんか?当時は真剣に泣きそうになったぜ。2020年度は見事に日本一に返り咲いた浜松餃子を堪能すると遠鉄に乗って浜松城を軽く攻めた。そのほぼ隣のスタバでソイラテをすすると浜松と言えば案の定、鰻。『八百徳本店』の「うな丼」を堪能した壮絶な動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]浜松餃子,錦華,浜松城,スタバ,八百徳本店


『半分、青い。』の舞台となった街を訪れた腹が半分、黒い僕@岐阜県恵那市

日本三大山城を言ってみろ。あー、今日は22日だから出席番号23番の平井。お前、答えてみろ。え゛ー、何で22番じゃないんですか?という楽しい会話を僕と一緒にエンジョイしてみませんか。今回で3回目となる岩村城は実に素晴らしい。『かんから屋』の「かんから餅」も実に素晴らしい。帰りに多治見駅で途中下車すると山崎のハイボールを飲み干したご満悦の動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]岩村城,Green Herbs,松浦軒本店,かんから屋,かんから餅,陽気なイタリアンバルBorco


ステキなトンテキと画期的なクラフトビールを追い求めた僕@三重県四日市市

朝方の夢の中で「ステキなトンテキと画期的なクラフトビールを摂取して無敵になりなさい」という自分に都合のいいお告げを受けたことはありませんか?便宜上、受けたということにしてトンテキの聖地である四日市まで久しぶりの近鉄電車に揺られながら向かった僕だった。地元民に愛されているトンテキを食って琥珀色のクラフトビールを飲んで平和で幸せでご満悦の動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]トンテキ屋ちゃん,四日市諏訪神社,アサヒビアケラー四日市


遠出がしづらいご時世だからこそ改めてその良さを知った僕@岐阜県多治見市

真夏には理不尽なくらい日本一暑い日もある多治見市だが案の定、さすがに真冬は寒い。とは言え、片道30分以上をかけて坂道を這い上がった先の永保寺を満喫したおかげで汗ダーダーになった僕。いいですねぇ、永保寺。凛とした空気が張りつめており、こじんまりとした風景の中にも侘び寂びがてんこ盛りだ。その帰りにトロン温泉に浸かってキレイに汗を洗い流した動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]うな千,鰻丼,永保寺,天の湯,タリーズコーヒー多治見駅前店


禁断症状が勃発し始めたのでぷらっとタケスイまで出掛けた僕@愛知県蒲郡市

当然、新コロの感染予防対策はバッチシ下上田いや、した上だ。不本意ながら断腸の思いでこの冬の青春18きっぷも見送らざるを得なかったが、やっぱちったあ出掛けたくなる僕がいる。そこでだ、片道約1時間半で往復約3時間の蒲郡、君に決めた!ちなみに、蒲郡は「う、うらぐん?」ではなく「がまごおり」と読むのでイチイチ念のため。では、大量の塩分を含んだ動画はご覧のとおりです。

動画の中で僕が格闘した「天ぷら釜あげうどん」だ。いい勝負だったよ。もう二度と闘わないけど。

[ブログ内検索タグ]梅月園 六花,やをよし,竹島水族館,竹島,CHARI-CAFE POTTER,蒲ゴー縁


「この俺も連れて行ってほしい」と世界のアツローから懇願された二人旅の僕@福井県大野市・福井市・坂井市

ったく、仕方ないなぁ・・・。しかし、冗談ではなく僕たちって真剣に友達がいないの坂本(泣)。いいかい、マジで。まぁ、友達なんてキャンプ場の便所の蓋にもならんからね。と世界のアツローが申しておりました。僕はと言えば、そんなバカげたことはこれっぽっちも思っていないので今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。はい、愛と夢と興奮の三名城めぐりの動画は下記のとおりです。

[ブログ内検索タグ]越前大野城,一乗谷城,丸岡城,ユースケ・サンタマリア