日帰借景一覧

上之保温泉ほほえみの湯と鶏ちゃんと華麗なる甘味の仲間たち@岐阜県関市・岐阜市

ユーミンの『中央フリーウェイ』を大音量で流しながら東海北陸自動車道を走るのも野暮な話なので『埠頭を渡る風』をそれなりの音量で聴きながら国道156号線、通称イチコロを北東に向かった。ま、それも賛否両論だと思いますよ。ここ最近の僕はあまりに疲れていた。ま、それは気のせいだと思いますよ。そんなこんなで往生際が悪い命の洗濯をするべく上之保温泉を訪れた僕。お、恐るべしトトロの住む里だぜ。リアルにここは関市なのか?平成の大合併、バンザイ!ってところだろうか。

快晴も手伝って爽やかな気分にはなれたが、往生際が悪い命は洗濯できても癒される心自体がない。他人から何を言われても平気どころか陰口をたたかれるとハイな気分になれる僕は病んでいるのか?そんな自問自答をするわけもなく窓の外の景色を眺めながら「鶏ちゃん」を生ビールで押し流した。

メインディッシュはこれからだお。ほほえみの湯に微笑みながら入ると料金が5%OFFになった。んなこたあない。いい湯ですなぁ。下呂と熱海の湯を足してアクエリアスで割って長良川温泉の湯で追い焚きをしたような湯ですなぁ。だから、それはどんな湯なんだ。とにかく僕好みの名湯だった。

合併する前の武儀郡上之保村には「湯上りにゆずソフトクリームを摂らないと懲役3年以下」という条例はない。そりゃそうだ。最初はゆずの香りがプンプンしたが、次第にノーマルに堕ちて行った。

あと10分でご帰宅だと言うのにそこそこの睡魔に襲われた僕は、さくら珈琲の岩地店でそこそこの糖分を摂取した。いい一日だった。こんな日がずっと続けば年間で3102500円も消えていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛の八幡山城とクラブハリエ日牟禮カフェとLU・PANの近江バーガー@滋賀県近江八幡市・彦根市

近江商人の「売り手よし・買い手よし・世間よし」という「三方よし」の経営を学ぶべく「僕よし・俺よし・私よし」という自分勝手を絵に描いたような欠陥だらけの弘道君が近江八幡を訪れたった。致命的な僕は『千成亭八幡堀店』のメンチカツを食い散らしながら八幡山ロープウェーまで歩いた。

八幡山城の山頂にたどり着くと巨大な「LOVE」の文字が・・・。なんじゃこれは!こんなものを見るために来たわけじゃない。なんちゅうミーハーな城なんだ。豊臣秀次が草葉の陰で泣いている。

激おこぷんぷん丸寸前のこの僕がとっとと帰ろうとしたそのとき美しい野面積みの石垣と遭遇した。これよっ、これっ! by マツコ風。これがチョコレートだったら確実にかじりまくっているだろう。

その後、麓に下りると『クラブハリエ日牟禮カフェ』でスコーンと熱い珈琲を満喫した。僕のような英検3級のイングリッシュ・ダンディは甘いジャムを塗りたくったスコーンがそこそこお似合いさ。

しかし、平日の真っ昼間だというのに多くの人出で賑わっていた。お前ら、死ぬ気で働け!便所蜂。

ま、僕も人のことは言えませんけどね。重要文化財の旧西川家住宅の縁側に寝そべって13分くらいボーっと口を開けてポーっと庭を眺めていた。あと7分も延長していたらきっとボケていただろう。そして近江八幡を後にした僕は、ほぼほぼお隣の彦根で列車を降りた。ボーっと口を開けてポーっと城下町を歩いていたらハンバーガー&カフェを発見した。勢いで『LU・PAN』に入ると醤油ソースの「近江バーガー」をむさぼった。さ、みんなで元気よく18742歩のマーチを歌ってご覧なさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あつろう三昧の一日:まったく想定外の黒壁スクエア界隈にて@滋賀県長浜市

一昨日、下品な施設の横にくっ付いているスタバでまったりしている真っ最中に鬼門の大垣方面から「明智光秀に縁がある多羅城に行かない?」と年甲斐もなく絵文字入りのLINEが届いた。うん、お察しのとおり、あつろうだよ。ってことで、午前10時に大垣駅前で待ち合わせた僕たちだった。しかし、よくよく調べてみると多羅城の所在地は不明となっていた。現在、探しているところだと。「ところで多羅城ってさ、所在地が不明なんだけど、今日はどこへ行くの?」「え?不明?マジ?」「んだ」「・・・」。あつろう、あなたってトンチンカンは・・・。結局、仕方ないので長浜城へと向かったまだ加齢臭の僕とほぼ死臭のあつろうだった。長浜城を最大限に楽しいフリで過ごした後、洋食処『味加醐』で「ミックスフライ+Aセット」を堪能し、当然のことながらおごってもらった。「杉山さん、ビールは?」とあつろう。運転手のあつろうに配慮して「あぁ、今日はいいや」と僕。結局は飲まなかったこの僕だが、もう1回くらいこっちの気持ちを察して聞いてみたらどうなんだ。

その後、まだ加齢臭とほぼ死臭の2人は黒壁スクエア界隈をほぼほぼ徘徊に近い状態で歩き回った。すると不思議なことに悪臭の僕たちでも喉が渇いたんだ。ま、生きている証拠だね。何気に雰囲気が良さそうな『Cafe & Pub LONDON』でシフォンケーキを熱い珈琲で押し流した僕の正面でミントをチョビ髭代りにふざけている愉快なあつろう。こんな彼でも来年の5月には還暦を迎えるというから世の中は結構甘い。今、仕事や家庭でお悩みの諸君、この画像をプリントアウトして貼っておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタバ名鉄百貨店名古屋店と天竜峡と新京亭のカツ丼と飯田城界隈@愛知県名古屋市&長野県飯田市

47都道府県のみなさん、イナゴ食ってますかぁーッ!イナゴを食うオナゴはいかがなものか。ま、それも賛否両論だと思いますよ。はい、昆虫食の実態を調査するべく長野県は飯田市へと高速バスで向かった僕だった。僕の場合、車の運転は100%途中で飽きるため岐阜各務原から高速に乗ったら浜松西が限界なんだよね。で、高速バスの乗車まで余裕があったのでスタバ@名鉄百貨店名古屋店でソイラテをすすって時間を潰した。この店の女性スタッフのスタバ☆スマイルにKO寸前だった僕。

バスに揺られることほぼ2時間で飯田駅に到着したがね。さっそく劇薬レッドの駅舎を撮影しようとさっきからずっとiPhoneを構えているのに右端でボーっと立っている42歳と3か月くらいの女性が僕の目力でもどいてくれなかった。この際だからこの僕の思い出の1ページにタダで入れてあげゆ。

ここまで来たらせっかくなので12時20分の列車に乗り込み天竜峡を目指した。ふ、ところがだ、想像以上にフツーだった。そのため滞在時間は20分だった。ううん、別に怒ってなんかいないよ。

さすがの僕も空腹のクーちゃんになった。この際、フーちゃんでも可。以前、友人の熊八っちゃんに「三匹のブタ野郎」っぽい名前の店を教えてもらったが、歩いては行けない感じだったので飯田駅のすぐ近くにある『新京亭』を訪れた。ほら、ご覧。カツ丼だお。これで並盛だお。ほぼイジメだお。

カツ丼の前に生ビールを飲みながら揚げ餃子を食っていたのでもう無理。それがなくてもほぼ無理。

今回の主たる目的であるところの飯田城界隈を歩いていたら、お腹がピキピキと痛くなってきたので飯田市美術博物館で休憩した僕。ちょっと座っていたら何気に復活!僕の五臓六腑をなめるなよな。

念のため胃の内容物の消化を促進させるべく『七里屋茶房』で熱い珈琲を投入したが、タバコの煙が気になったので早々に切り上げた。いいかげん、タバコなんてやめてもらえませんかねー。そうだ!駅前のピアゴで時間を潰そう♪と足早に行ったらピアゴが潰れていた。ハハハ、ま、ユニーだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うなぎや源内の肝焼き&うなぎ錦糸丼とスタバカインズモール彦根店のカボチャの豆乳割り@滋賀県彦根市

彦根駅に降り立った僕が彦根城を素通りするという行為は、真冬の午後7時に目の前にてんこ盛りに積まれた井村屋先生のあんまんをスルーするのと同じくらい勇気がいる。「おい、弘道君よ。お前の大好物の彦根城だぞ。ほら、寄らなくていいのかよ」と僕の中のS男が刺激すると「あ゛ぁ・・・。これはこれでたまりませんわ゛ぁ。もっとぉ~もっとぉガマンしたひ」と僕の中のM子が反応した。だから、僕は何を言っているのでしょうか。「手が届くのに手を出さない」という楽しみ方もある。とりあえず『うなぎや源内』で肝焼きをプレモルより100円も安いキリンのラガーで押し流した。

君たちには「そろそろ飽食の日々から卒業したらどうなんだ」と説教じみたことを言っておきながら「うなぎ錦糸丼」だぴょん。ハハハ、僕と稲川淳二はいいんだよ。平成最後の栄養失チャーだから。インスタ映えすると言われても鮒寿司のアイスクリームは無理。それに僕、インスタやってないし。

胃の腑に収められた小っちぇ鰻と濃厚な肝を消化しがてら琵琶湖のお隣なのに琵琶湖を一望できないスタバ@カインズモール彦根店まで汗だくになりながらも歩いた。2分後、期間限定の「クリーミーパンプキンフラペチーノ」ウィズアウト・ミルクなもんで豆乳バージョンを鰻と肝に浴びせたった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年パスが欲しくなる滋賀県立琵琶湖博物館と湖の幸の天丼とスタバ草津A・SQUARE店@滋賀県草津市

リンゴをかじると歯茎から血は出ないもののなぜか急に列車の旅に出掛けたくなりませんか?お前は新種の病気かよ。そうです、私は病気です。ってことで、JR草津駅で近江鉄道バスに乗り換えると滋賀県立琵琶湖博物館を訪れた。さすが税金を投入しまくっただけのことはある。よく知らんけど。

午前11時。どうせ正午になると混むだろうから早めに食事を楽しむという頭脳プレーを見せた僕。館内の1階にある『にほのうみ』で「湖の幸の天丼」を小っちぇ瓶ビールで一気呵成に押し流した。では、肝心の天ぷらの具材について説明しよう。う~ん、琵琶湖産ブラックバスと琵琶マスだがね。

コロッと忘れていたが、外食で天丼を試すと油が合わないせいか87%の確率で致死量には満たない逆流性食道炎っぽくなる僕がいる。で、ブラックバスの味はと言えば、フツー。ただ、海水の塩分がスパイスとなって絶妙に効いていた気がする。僕が生まれる前から琵琶湖は淡水だったと思うけど。

博物館とは言え、アザラシやチョウザメなど、そこらの水族館より確実に立派でユニークな水槽群が展示されていた。すっげぇ素晴らしい。一日中ずっと居ても飽きないが、2泊3日だとちとつらい。

JR草津駅に戻った僕は、スタバ@草津A・SQUARE店で「ソイラテのホットをショートで。ね」とカッコよく決めたつもりが、あまりに滑舌が悪かったせいか「は、はい?」と丁重に聞き返された。でもね、それなりにいい一日だった。永ちゃん風に言うと「サイコーだね」。ちなみに、永ちゃんは親戚のおじさんのことだけど。この場をお借りして「弘道は元気でやっています」と伝えておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

県庁の下敷きの福井城と養浩館の庭園と8番らーめん福井駅店のラーメン以外@福井県福井市

鬼門の大垣から無味乾燥の米原へと向かう列車の中で左隣に座った若い女性がリュックを抱えながらスヤスヤと眠っている姿を垣間見た僕は「よかった。僕って臭くないんだね」とすっげぇ安心した。そのときコクリコクリと彼女の頭がこちらにもたれかかりそうになったが、腹が立つくらい僕の肩がなで肩ゆえにそこまでたどり着くことができなかったようだ。生まれて53年と11か月、今日ほどいかり肩がうらやましいと思ったことはない。そんなジェラシーを感じていたら福井駅に到着した。

当然、今回も青春18きっぷを利用した。本来ならもっと遠方まで手も足も延ばしたかったのだが、超絶に暑すぎて僕の御老体がもたないので近場の福井城を攻めた。18きっぷの総括は明日しよう。

福井城の上に県庁を建てるなんて福井県民って最低だな。そんなことを僕の友達が言っていました。ま、僕に友達がいればの話だが。福井城を完璧に散策するとそこから徒歩10分の養浩館を訪れた。物理的に僕一人きりで独り占め、略して独占だがね。いい。養浩館からの庭園の眺めは最高だった。

そのとき目の前の池を湖に見立てた僕は、おもむろに寝っ転がると湖面から両足が逆さまに突き出た映画『犬神家の一族』ごっこで楽しもうと試みたが、あまりに孤独すぎてちっとも楽しくなかった。すべての画像をブログに載せてもキリがないので、いつもどおりGoogle Mapsにアップして終わる。

天気予報は雨だったが、最初から最後まで快晴だった。賢明な君たちならその理由はご存じだよね。そう、てるてるてる子ちゃんEXの御利益はモーレツに健在だ。養浩館に隣接する郷土歴史博物館を堪能した後、小腹が減った僕は8番らーめん福井駅店の暖簾をくぐった。だ、だん・・・?ドアホ、暖簾は「のれん」だ。ここはラーメン店だ。でもね、さほど麺類を好意的に思っていない僕だから、生ビールを真夏のカルピスの如く一気呵成に飲み干すと炒飯と餃子とハイボールを丁寧に味わった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタバ浜松城公園店のナイトロなんちゃらと浜松城と以下同文@静岡県浜松市

弘道の「脇道理論」に則って青春18きっぷを行使するべく浜松へと向かった僕だった。間違いなく全国レベルで周知の事実だが、浜松市はね、この僕が最初に就職した際に住民票を移したこともある思い出の地なんだ。辞表を提出した夜にジョギングをしていたら下着泥棒に間違えられて地域住民に取り囲まれると真剣に泣きそうになったよね。うん、本当にいい思い出だった、んなわけねぇだろ、この野郎。浜松駅に着くや否や遠州鉄道に乗り換えた。嫌でも歩く旅先では、スカスカに老いた体を労わるために可能な限り交通機関を使うことにしている。そして15分後、スタバ@浜松城公園店にたどり着いた。テラスでリスと戯れながら一部店舗限定の「ナイトロコールドブリューコーヒー」を優雅にすすった。「ベルベットのような滑らかな味わい」とのことだがモルモットなら知っている。

青息吐息のこの僕の遠い記憶が正しければ、おそらく3度目の浜松城だろう。ちなみに、青色吐息は大間違いだから。いい。実にいい。最高の野面積みですねぇ。400年前から変わらない石垣だよ。

せっかくなので浜松餃子を食べようと思いきや、ほぼほぼ正午ということでどの店も大行列だった。並んでまで食いたいものなどない党の党首でもある僕ゆえに、ササッと入れた『うおかっちゃん』でランチを食べたらあまりにしょぼすぎて何気に凹んだ。駅ビルの7階という立地を過剰に信じた僕が決してバカではないけれどちょっとだけ残念ちゃんだった。でもね、これはこれでいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタバJR奈良駅旧駅舎店と奈良国立博物館と三条坊の大仏うどんの前に生ビール@奈良県奈良市

そのとき僕は53歳と11か月でスタバ@JR奈良駅旧駅舎店でソイラテを飲みながら「ベーコンとほうれん草のキッシュ」を胃袋に流し込むと「同窓会 隣の彼女は 今、上司」という川柳をひねった。シャレにならんノンフィクションだよね。ここは奈良。青春18きっぷの旅だが、今日は暑かった。

中谷堂で餅つきのパフォーマンスを愉しんだ後に猿沢池を眺めると大好物の興福寺をそぞろ歩いた。「ぞろぞろ」ではなく「そぞろ」だ。そして、主たる目的である奈良国立博物館を訪れた僕がいた。

生きている間にひとつでも多くの国宝や重要文化財を生で見たいと思っている。それに崇高なる宝を生で見れば、僕の視力もちったあ改善されんかしゃん。別に1.5など望んでいない。0.7で十分だ。しかし、これだけ隅から隅までずずずいーっと国宝や重文が並んでいるとありがたみに欠けるよね。

博物館に入ってから15分くらいは休憩室の端っこでTシャツをまくり上げて扇子であおいでいた。それくらい暑かった。春日大社に向かったものの引き返した。それくらい暑かった。もう喉が渇いて何気に死にそうだった僕はJR奈良駅構内にある『三条坊』で「大仏うどん」を食う前に生ビールを1978年の真夏の午後2時に冷蔵庫で見付けたファンタオレンジのように一気呵成に飲み干した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝塚界隈と梵天の蓮ごはんセットと中山寺とスタバ中山寺店@兵庫県宝塚市

やっと涼しくなったぜ。秋晴れってステキだね。こんな日はぷらっと出掛けたくなって体がウズウズタイガー・ウッズ状態になってうずきまくりきんとん。ってことで、お久しぶりに青春18きっぷの出番となった。宝塚だよ。3時間ちょいの距離だから岐阜市と合併したらどうなんだ。華はないけど花粉症歴40有余年の弘道が花のみちを歩いていたら物理的に体が硬そうなカップルが踊っていた。

ちょいと気になって手塚治虫記念館を訪れたが、少しも楽しめなかった。その原因を分析した結果、そもそも手塚治虫作品は『ブラック・ジャック』をせいぜい2巻くらいしか読んでいなかったという驚愕の事実を発見した。学生の僕が好んで読んでいたのは『ジャングルの王者ターちゃん』だった。

ほら、ご覧。宝塚大劇場と阪急電鉄と武庫川の三位一体、もっと言えば宝塚の三種の神器と言っても過言ではなかろう。いいですねぇ、城とアーケード街と革と川フェチな僕がいる。この三位一体は、たまたま入った秘境の喫茶店で偶然に出会ったランチタイムのミックスフライ定食に値するだろう。

その後、宝塚駅から一駅戻った中山寺駅で降りて今回の主たる目的であるところの中山寺を訪れた。中山寺は聖徳太子が建立したとされる寺院であり日本で最初の観音霊場でもあるとのこと。思うに、聖徳太子も小野妹子も男性だが卑弥呼は女性だ。ならば、ジャスコとパルコはどっちなのだろうか?君たちね、そんなことより中山寺を散策する前に境内の『梵天』で「蓮ごはんセット」を堪能した。

ここは地元では「中山さん」と親しみを込めて呼ばれているらしいが一昨日、このブログに登場した僕の友人も中山さんだ。共通点は、どちらも原色系の派手好み?というところかしら大和田(爆)。

今日は一日中、圧倒的に歩き回ったのに一滴も汗をかかなかった。大変申し訳ありません。案の定、ウソをついておりました。ちったあ汗はかいたもののコンフォタブルな風と気で身も身も癒された。今のところ心がないので身のダブルです。中山さんを後にした僕は、スタバ@中山寺店で愛し合った「抹茶スモアフラペチーノ」に感激した。しかし、寺の境内の茶店とスタバではビールは飲めない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加