日帰借景一覧

日帰り旅シリーズ第40弾@美浜町

過去に南知多町、半田市、常滑市、武豊町と攻めた僕。ちょっと離れた東海市も攻めた僕。ハハハ、あとは美浜町を攻めれば知多半島の先端を制覇したことになる。なぁ、みんな、俺ってビッグだろ!なぁ、みんな、俺ってグ・レ・イ・トだろ!OK、そこんとこ夜露死苦!はい、このような流れから嫌でも美浜町を訪れた僕だった。誤解しないでほしい。別に嫌ではありません。最初に訪れた場所は南知多ビーチランド。先日、次女から無料の入場券をもらったからだ。サクッと園内を散策した後は名鉄野間駅で降りて大御堂寺野間大坊を訪れた。いい。歴史の宝庫で実にいい。そして、今回の〆はザ・グッドサン・ビーチハウスで静かに飛行機を眺めながら日記を書いた動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。東海三県ではメジャーな東海テレビの『ぐっさん家』でお馴染みのビーチハウスだよ。

[動画内検索タグ]南知多ビーチランド,大御堂寺 野間大坊,源義朝公墓所,織田信孝墓所,ザ・グッドサン・ビーチハウス


ひろ散歩シリーズ第25弾@下呂

ブラブラと食ったり飲んだりして無責任かつ無分別&無計画に楽しむだけの無気力な「ひろ散歩」。ってことで、第25弾は下呂だよ。そう、僕の大好物の下呂温泉の下呂だ。ゲロゲロ。しかしながら今回は遅めの出発&日帰り旅ゆえに足湯を楽しむのがせいぜいだった。ま、それもまた風情だろう。とは言え、まったく温泉街の風情とは程遠いカレーとナンを堪能した。ま、それもまたOKだろう。下呂はいいですな。雪が降る寒い冬には首まで熱い湯に浸かりに訪れたい動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]オム ガネーシャ


日帰り旅シリーズ第39弾@木曽福島

僕が「信州の郡上八幡」と2週間前からそう呼んでいる木曽福島を訪れた。当然、青春18きっぷの権利を行使しまくったがね。ワンマン列車の一人旅にはすっげぇ便利で助かるぜ。木曽福島は今回でたったの2回目だけれどほとんど覚えていた僕は偉大だ。駅前の『食事処かわい』でソースカツ丼をかき込むとむせた。その後は定番の上之段地区や崖屋造りの町並みをサクッと散策した。歩き回ると汗が噴き出したが、それはそれでいい。古き良きステキな雰囲気に酔った動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。これは木曽川に架かる大手橋だよ。僕が愛す郡上八幡のロケーションとよく似ている。

[動画内検索タグ]食事処 かわい,芳香堂,上之段地区,崖屋造りの町並み,くらの屋


日帰り旅シリーズ第38弾@豊橋

つい先日、薄い知り合いから「あなたは豊橋について何も知らない」と言われた。うん、知らない。だって、岐阜市民だもん。ま、仕方ないから豊橋市民がこよなく愛すと言われているソウルフードを自腹で食べに行ってあげよう。腹が立つほど不安定な天候の日が続くためなかなか青春18きっぷの権利を行使する機会も少ない。ってことで、最初に『スパゲッ亭チャオ』で「バイキングランチ」を生ビールと白ワインで一気呵成に味わった。あんかけスパもなかなかいいじゃ内科外科耳鼻咽喉科。その後は『マッターホーン豊橋本店』で店名であるマッターホーンをアールなグレイで押し流した。豊橋市民がこよなく愛しているだろう2つを満喫することができた感動の動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。これは「バイキングランチ」の鉄板バージョンだよ。どうやら人気ナンバー1っぽい。

[動画内検索タグ]スパゲッ亭チャオ 本店,あんかけスパ,マッターホーン豊橋本店,三明寺


ぎふ食旅シリーズ第14弾@飛騨高山

岐阜県内の飲食店を左足から訪れると黙って飲んで食って笑って物理的に気分転換を図る間違いなく首も肩も財布も軽くなる悩ましい「ぎふ食旅」シリーズ。青春18きっぷの権利を行使してほぼほぼ4時間をかけてやっとこさたどり着いたのは高山は高山でもJR高山駅ではなくJR上枝駅。いい。僕っていい。確実につくづくいい。最初に諏訪神社を訪れると、ここまで来ることができたことへの感謝を込めて丁重に参拝した。その後、繁盛店の『国八食堂』で「とうふ定食」と単品のホルモンをビールと共に堪能してご満悦♪そして、ほぼ4時間かけて自宅に到着した動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]諏訪神社,国八食堂,セブンイレブン高山下切町店


ぎふ県旅シリーズ第34弾@瑞浪

「隣の恵那市にはちょいちょい行くのになぜに瑞浪市はスルーするの?」と天からお告げがあった。んなわきゃない。でもね、行けるうちに行っておかないと死んじゃうかも知れないので行ったった。さぁ、青春18きっぷの夏がスタートだぜ。ったく、新コロは以前にも増して活発になりやがった。「僕以外はすべて敵だ」という排他的な態勢で列車に乗った。ハハハ、こういうのは昔から得意だ。JR瑞浪駅から東へ90メートルの『加登屋食堂』で「あんかけかつ丼」を食べるとJR瑞浪駅から西へ170メートルの『あまから本店瑞浪店』で絶品の五平餅を堪能した動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]加登屋食堂,かつ丼,あまから本店 瑞浪店,五平餅,ブーランコ 瑞浪店


日帰り旅シリーズ第36弾@瀬戸

金は斜め後ろに進めないが銀にはそれができる。が、銀は左右真横と真下には進めない。おいおい、僕って将棋が強いかも。んなこたあない。とりあえず駒の動かし方はご存じだけれど戦法は何ひとつ知らない。そんな僕が藤井聡太五冠で大盛り上がりの瀬戸市を訪れた。こんなキッカケでもなければ訪れることもそうはなかろう。尾張瀬戸駅に着くや否や創業150年を軽く超える和菓子屋『川村屋賀栄』の暖簾を丁重にくぐった。いい。藤井五冠の似顔絵を眺めながらせと銀座通り商店街を歩くと『ぱんだ家』でハートランドビールを飲みながら瀬戸焼そばを堪能した。その後、藤井五冠の応援でマスコミにも取り上げられる『喫茶スマイル』で珈琲フロートを満喫した動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]川村屋賀栄,せと銀座通り商店街,Cafe&Guesthouseもやいや,りえの焼そばチントンシャン ぱんだ家,瀬戸蔵ミュージアム,喫茶スマイル


日帰り旅シリーズ第34弾@武豊町

「武豊」は「武豊」と似ている。っていうか、そのままやん。いや、前者は「たけゆたか」で後者は「たけとよ」と読むのでよろしくね。この際、前者と後者を入れ替えてもOK!ま、そりゃそうだ。以前から関心があった武雄神社を参ると創業100年近い『魚喜』で「中づめうな丼」を頬張った。その後、路地裏にある隠れ家のような『樹』で美しいシフォンパフェをすすりまくった。ちなみに、武豊町の「武」は武雄神社から「豊」は豊石神社からとっている画期的な動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]武雄神社,魚喜,うな丼,樹,豊石神社


ぎふ県旅シリーズ第29弾@中津川

実にほぼ8年ぶりに攻めた苗木城。案の定、大文字のアルファベットで嗚咽するほどマーベラスだ。一度もしたことないけど。とにかくステキ♪最寄りのバス停「苗木」で降りると25分くらい歩いてたどり着いた。上から下から後ろから前から舐めるように攻めた。その後、目を付けていた蕎麦屋を訪れたら「売り切れ」の看板が出ていたので近くの『お食事処伊吹』でチキンカツ定食を堪能した。驚いたことにあーた、中津川にセイレーンがいたのでスタバで一日を〆た動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]苗木城,お食事処 伊吹,すや本店,川上屋本店,スタバ@ルビットタウン中津川店


ぎふ食旅シリーズ第11弾@郡上八幡

岐阜県内の飲食店を左足から訪れると黙って飲んで食って笑って物理的に気分転換を図る間違いなく首も肩も財布も軽くなる悩ましい「ぎふ食旅」シリーズ。ご当地ラーメンは全国どこにでもあるが、ご当地焼きそばもそれなりにある。秋田の横手とか静岡の富士宮が有名だが、今回は郡上焼きそば。アイ・ラブ・郡上八幡のこの僕としたことが、とっても情けないことに今回が初めての遭遇となる。そんなこんなで『かたぎり』で肉玉子入り焼そばを堪能した。パリパリの食感がマーベラスだった。その後は昭和末期にタイムスリップしたような『清水珈琲』で熱い珈琲を、ずっと訪ねてみたかった『郡上八幡麦酒こぼこぼ』ではクラフトビールのペールエールを満喫した動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]焼きそば かたぎり,郡上焼きそば,慈恩禅寺,清水珈琲,郡上八幡麦酒こぼこぼ