日帰借景一覧

歴史と風情を5時間歩いて満喫した金沢(石川県金沢市)

『るるぶ』片手に特急しらさぎ1号に乗り、古都・金沢へと向かった。

2時間40分後。最初は、工事中で足場が組んであるのかと思った。

鼓門

だが、駅の東口を出て振り返れば、随分と立派な鼓門がそこにあった。

近江町市場を横目に黙々と歩いた。すると菓子文化会館という文字が
目に飛び込んできた。予定外だったが、入らないわけにはいかない。

が、その奥には泉鏡花記念館があった。旺文社文庫を読みあさった私には
嬉しい誤算だったが、そのとき泉鏡花を1冊も読んでいない自分を発見した。

次に五木寛之文庫。しかし、入場料が100円だったので入らなかった。

その先に和風モダンな建物を確認した。そこで近寄って見たら、

個人開業医の医院だった。またこの看板のレトロな文字がいい。

最初の目的地は、この坂の上にあった。

その前に金沢城の石川門。重厚な造りに感心して丁寧にシャッターを押した。

そこから左側の風景。散りかけてはいるものの、まだ桜は残っていた。

そこから右側の眺望。純粋に気分がいい眺めだと感じた。

そして、兼六園。

日曜日だったが、思ったほど混雑はしていなかった。しかし、外国人が多い。

霞ヶ池。1人、ぼんやりと湖面を眺めていた。

桜。そこには、兼六園熊谷桜と記してあった。

何気に癒される山水といったところ。遠くの眺望も借景になり、実にいい。

蓬莱島と呼ぶらしい。若いカップルが、そう言っていた。

向こうにある橋の姿が列をなして空をゆく雁に見えることから、雁行橋。

気持ちのよい眺望。背後に金沢の街並みを借りるところがいい。

寿亭という茶屋で加賀あんころ(400円)とお茶。畳の上で寝転がった。

見所が多過ぎて対象の名前が分からない。立派な松とでも呼んでおこう。

噴水。霞ヶ池の水が水圧により、自然とこの高さまで噴き上がっている。

ひっそりと黄門橋。侘寂(わびさび)の世界観。

真弓坂口から外へ出ようと歩いて行くと、左手に瓢池があった。

滝がなかなかの情緒を醸し出している。

兼六園のすぐ隣にある金沢21世紀美術館へ入った。無料だし。

入るや否や、ムウッとする室温に若干、苛立った。

雲を測る男。これを眺めている私もどんなものかと考えさせられた。

タレルの部屋。映画『シビルの部屋』なら観たことはあるが。

壁面全体にデザインが施された大きなギャラリー。見知らぬ女性を借りた。

KOHRINBO109の裏に回り、少し歩いたところに長町武家屋敷跡界隈。
この界隈は大変気に入った。流れが早く、水量の豊富な用水も実にいい。

大野庄用水の流れ。20分くらい水の泡をジッと見つめていた。

あめの俵屋。「るるぶ」に書いてあったので写真だけ撮った。

雑誌やテレビなどでよく見る景色。1坪、一体いくらくらいなのだろうか。

鞍月用水を駅に向かって歩いていたら、尾山神社を見つけた。その門。

全国レベルで超有名な観光名所がある中、奥床しい感じの尾山神社。

そのまま近江町市場へと向かった。最初に見つけたどじょうの蒲焼ショップ。

長い行列の原因となっていた近江町コロッケ。私には、この世の中に、
並んでまで食べたいものなど1つもないので横目に通り過ぎた。

中途半端な時間のせいなのか、そう大して混んではいなかったが、
ちゃんと賑わってはいた。

新しくなった近江町市場を背に、金沢駅へと向かった。

ちょっとばかり薄暗くなった鼓門の背景。しかし、無意味に巨大。

つづみ亭という和食屋で華御膳(1260円)を食べた。
あまりに疲れていたせいか、食べながら少し眠ってしまった。

帰りの特急しらさぎ16号まで時間があったので、駅の周辺を歩いた。
すると、大きなやかんのオブジェ(作品名:やかん体、転倒する。)が。

5時間は歩いた。帰宅して体重計に乗ったら1.5キロほど減っていた。
今回は体力の都合上、ひがし茶屋街と主計町茶屋街には行かなかった。

そこへは、また次回ということで。快晴だったし、満足した一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽と冷たい風が心地良かった鳥羽(三重県鳥羽市)

ふと急に鳥羽水族館へ行きたくなり、JR快速みえ1号に飛び乗った。

岐阜から約2時間後には鳥羽だ。いつもは近鉄特急だが、今回は初めてJRを使った。異様に疲れたので帰りは近鉄特急を使おうと思った。

カモメの散歩道を歩いた。革ジャンが暑く感じられるほどの快晴だった。

駅からゆっくり歩いて15分で鳥羽水族館に着いた。肝心の館内については、水族列伝No.004を参照。

水族館を思う存分、堪能した帰り道。ミキモト真珠島の前を観光船が通った。

鳥羽駅方面に向かった。右手には、5年前に宿泊した戸田家を確認した。

磯料理を食べさせてくれるテナントの前を通った。ほとんどの店から「どうぞ!お値打ちですよ」と声が掛かった。磯の香りのポン引き横丁と名付けた。

そこから20秒先には、赤福の鳥羽支店があった。案の定、儲かっていそうな店構えだった。

その通り沿いに「てっぱり料理」と看板がかかった長門館。どんな料理なのか興味はあったが、私の性格上、この手にも1人では入れない。

伊良子清白?初めて耳にした名前なので後ほどググッてみようと思った。

丁寧に管理されているため、きっと鳥羽にとっては大切な詩人なのであろう。

城山公園を登った。そこからの天気にも恵まれた美しい眺望だった。

そろそろ本気で空腹を覚えたので、鳥羽一番街の中へ入った。

以前、訪れたときもこのベンチに座り、いたずらに時間を潰した記憶はあった。

エスカレータから3階に上がったら、目の前に天びん屋があった。それだけの理由で入った。赤ん坊を抱いた若い父親がずっと立っていた。

午後1時20分。店内は微笑みたくなるほどガラガラだった。

にぎやか膳と生ビールを注文した。ロウ細工のようなエビフライだった。蕎麦は温かいのに貝は冷たい。もう二度とこの店に入ることはないだろう。

ただ本能に負けて満腹にはなった。2階の土産物売り場では、3つほど土産を買った。

帰りは、予定通り近鉄特急を利用することにした。しかし、それらのベンチには見事というか異様というべきか、赤福の赤い文字がずらっと並んでいた。

もっと頻繁に訪れようと思った。今回の目的は鳥羽水族館だったが、その他の名所や旧跡、風情ある界隈も歩いてみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見上げれば冠雪の郡上八幡(岐阜県郡上八幡市)

美濃太田駅から長良川鉄道に乗って冠雪の郡上八幡へ向かった。

郡上八幡駅に到着。美濃太田から1時間半くらいだったろうか。

いつものぞく大好きな小径。

寿司もミカンも霜降り肉もすべてがさんぷる工房のサンプル。お見事!

圧巻の吉田川。

滔滔と流れる吉田川。

岩上の家々。観るたびに凄いと感心する。

郡上八幡で最も有名な「そばの平甚」。ここで昼食をとった。

日差しが強くて暑かったが、窓からの景色はすこぶる最高だった。

2000円の平甚定食+生ビール。嫌と言うほど満腹になった。

これまた大好きな小径。

栄養満点の鯉、鯉、鯉。

吉田川の上流へと少しずつ歩く。

雪道をサクサクと音を立てながら上へ上へと。案の定、気持ちが良かった。

目線を低くして吉田川。実に美しい清流だと大いに感動。決して住みたいとは思わないが、何十回と訪れたくなる街だと感じた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彦根城は二度おいしい@滋賀県彦根市

砂漠王 in 彦根城。ワンダホー&ビューリホー!いや、美しいねぇ♪さすが国の宝と書いて国宝だぜ。そこらの重要文化財とは重みが違う。例えるならオオサンショウウオとチョウザメくらいの差だね。こよなく愛する岐阜城がちゃちに思えてきたよ↓でもね、岐阜城へはロープウェーで昇れるんだよ↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

郡上八幡でネタ集め

近藤正臣もこよなく愛す郡上八幡に一滴増した。生まれ変わったら吉田川の鮎になろうと思うくらい郡上八幡はすっげぇいい。やっぱ海より山と川だね。海って潮焼けするし。ってことで、静かな川の音(ね)が、この僕の昂る心を撫でるように癒してくれました。ま、この僕に心があればの話だが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しくて懐かしい中部国際空港、翻訳するとセントレア

セントレアはなんだかんだと言っても腐っても空港だった。到着したら12時。どこもレストランは満席だった。そんなこんなでサッサと帰った僕だった。何気に懐かしい昭和の雰囲気は好きだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空と山と川と@岐阜県下呂市

下呂を滔滔と流れる飛騨川だよ。ってことで、日帰りで下呂温泉に一滴増した。岐阜で生まれ育ったこの僕には潮風より山の荘厳と川の清楚がお似合いさ。一泊もいいが日帰りもいい。いい湯だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加