日帰借景一覧

大阪城とスター・アイル大阪歴史博物館店の石焼きビビンバと(S)大阪城公園森ノ宮店のGoma Goma Goma

40年前に生徒が増えすぎて臨時で建てられた藍川中学校のプレハブ校舎みたく夏、暑くて冬、寒い米原駅~大阪駅の列車内。青春18きっぱーに変身したこの僕は世界の住みやすい都市ランキングで第3位になって調子こいてる大阪へと向かった。草津駅から僕の隣に座った女性も大阪で降りたが、立ってびっくりスーザン・アントン並みに巨大で180センチは超えていた。だから、そんなことはどーでもいいんです。東京は虚しい、名古屋は寂しい、大阪は鬱陶しい。このショットが大好物だ。

いいですねぇ。筆舌に尽くし難いくらいの見事な下品っぷりが五臓六腑に沁み渡りますな。ここまで下品だと上品を凌駕してますな。あ、心の底から褒めているんだお。ま、僕に心があればの話だが。

秀吉三昧の後は近くの大阪歴史博物館に立ち寄った。せっかくなのでエレベーター内の鏡に向かって昭和末期の二枚目風にVサインで自撮りした。縦長の画像が無意味に3枚も続いてすびばせんねぇ。

大好物の納豆や偏愛しているカレーでも言語道断&愚の骨頂。唯一、かき混ぜることが許されている料理が石焼きビビンバだろう。それ以外は僕の前ではお風呂の洗剤と同じく「混ぜるな危険」だぜ。

47都道府県のスタバを制覇すべくスタバ@大阪城公園森ノ宮店にやって来たスターバッカーの僕。明らかにチャイニーズの男性観光客がどう見てもジャパニーズの女性スタッフに対して流暢な英語で話し掛けると彼女も微笑みながら流暢な英語で返した。僕は時代の波に取り残された気分に陥った。

母国語をこよなく愛す僕は「熱い豆乳を一番小さいやつで」と正しい日本語で注文したが、さすがにスコーンはフルーエントなイングリッシュでオーダーした。大阪もグッド・プレイスかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩久と絶景の持船城と(S)静岡呉服町通り店と湯のない足湯@静岡県静岡市・焼津市

昨日の朝、どうやらこの僕のSkypeのアカウントが乗っ取られたようだ。でもね、僕が登録している相手は6人しかいない大和田(爆)。ゴメンね、こんな乗っ取り甲斐のない孤独で厄介なジジイで。そこでだ、気分も天気もいいところで青春18きっぷを利用して静岡方面へと向かった杉山がいた。そうだよ、静岡は杉山姓のメッカでやたらと多いんだよ。だからと言って孤独で厄介な杉山が素直に受け入れられるというわけではない。そんな悲しいお話は置いといて、まずは用宗(もちむね)駅で降りると駅前の『岩久』で「かつ丼セット」を食べた。味うんぬんではなく、店内の座敷の上で犬を飼うのは飲食店として保健衛生上、どーなんでしょうかねー。あっと言う間の滞在時間で店を出た。

今回の主たる目的は持船城だ。当然、君たちは知らないよね。ハハハ、この僕ですら6日前にネットサ~フィンで偶然知ったんだ。それにしても富士山と駿河湾に挟まれた最高のロケーションだった。

そして、そこからドクターイエローを激写した。生で見るのは人生初ゆえに一人きり小躍りしながらはしゃいでいた。この僕の初体験の喜びを共有することができて君たちは本当にハッピー野郎だね。

言いたくはないが、やはり僕はもっている男なのだろう。ルンルン気分で静岡駅へと向かうとスタバ@静岡呉服町通り店で「ピスタチオクリスマスツリーフラペチーノ」をすすった僕。お前はセロリかアボカドか!?とツッコミたくなるような確実にそそられる色ではなかったが着実に美味しかった。

言いたくはないが、やはり僕はもっている男なのだろう。そこで岐阜に帰る途中の焼津駅で降りると駅前にある足湯を利用しようと思いきや、湯がなかった。やはり僕はもっていない男なのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Rigolo×Rigoloのワンプレートランチと白鷺の湯でご満悦@岐阜県下呂市

沖縄の3日間で42720歩くらい歩いた僕だが、スマホの万歩計にカウントされないように実験で地味に地道に弘道がすり足で歩いてみたけどそれなりにカウントされちまった。あ、ふと気付いたら青春18きっぷをまだ1回しか使っていない僕がいた。焦るぜ。ってことで、沖縄は瀬長島ホテルの塩泉を洗い流すべく下呂の熱い湯に浸かりに行った。夫いや、おっとその前に『Rigolo×Rigolo』で9種盛りの「ワンプレートランチ」を食べた。これが美味で僕の五臓六腑が小躍りする寸前だった。

ちょっぴり歩くと白鷺の湯に首まで浸かった。僕はつくづく思った。やっぱ魚も温泉も淡水だよね。

沖縄に浮気してゴメンね。山と川のほうが落ち着くよね。でもね、ここに住みたいわけではないの。寒いのは嫌。暑いのも嫌。花粉の春も嫌。僕の半径2キロ以内だけ一年中、晩秋だったらいいのに。

しらさぎ物語のアイスクリームを北北東に向かって食ったが、昔と比べて気合いが足らないのでは?こんなにフニャフニャ物語だっただろうか。まあいい。今日もピーカンで最高の一人旅日和だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楓林閣とMelon de melon湖西店のメロンパンと竹島水族館@静岡県湖西市&愛知県蒲郡市

パナソニックの冷蔵庫に入ったようなモーレツに寒い一日だった。今日現在、入ったことないけど。だが、僕は出掛けなければならなかった。そう、今日が全国レベリーで青春18きっぷの利用開始日宝田明いや、だからだ。ハハハ、宝田明は確実に苦しかっただよ。まあいい。今回は東へ向かった。ほぼ午前10時57分。鷲津駅で降りた僕は中華料理の『楓林閣』を訪れた。エビ炒飯と焼き餃子と角煮ラーメンのAセットを注文したが完食は無理だった。さぁ、僕はどの料理を残したでしょうか?

正解は角煮ラーメン。オーナー&スタッフ全員が中国の方だったので何気に八角が効きすぎていた。その店から今回の主たる目的であるところのMelon de melon湖西店まで15分ほど元気に歩いた。この僕の友人の税理士・高瀬麗子ちゃん先生が本業とは異なるメロンパンの店をオープンしたんだ。

ネタとしては最高ですがね。みんながもっとチャレンジしてくれないと僕のネタが尽きちゃうんだ。完璧に満腹だったけど別腹を用意するとノーマルなメロンパンとアブノーマルというわけではないが芳醇な香りがうれしい紅茶メロンパンを住宅街のド真ん中を歩きながら一人、むさぼり食っていた。

その後、人生初の鷲津を後にすると蒲郡駅に向かった。この僕の大好物の竹島水族館だ。相変わらず平日の真っ昼間だというのに大盛況だった。アシカショーで館内がサーッと空いたときに撮影した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上之保温泉ほほえみの湯と鶏ちゃんと華麗なる甘味の仲間たち@岐阜県関市・岐阜市

ユーミンの『中央フリーウェイ』を大音量で流しながら東海北陸自動車道を走るのも野暮な話なので『埠頭を渡る風』をそれなりの音量で聴きながら国道156号線、通称イチコロを北東に向かった。ま、それも賛否両論だと思いますよ。ここ最近の僕はあまりに疲れていた。ま、それは気のせいだと思いますよ。そんなこんなで往生際が悪い命の洗濯をするべく上之保温泉を訪れた僕。お、恐るべしトトロの住む里だぜ。リアルにここは関市なのか?平成の大合併、バンザイ!ってところだろうか。

快晴も手伝って爽やかな気分にはなれたが、往生際が悪い命は洗濯できても癒される心自体がない。他人から何を言われても平気どころか陰口をたたかれるとハイな気分になれる僕は病んでいるのか?そんな自問自答をするわけもなく窓の外の景色を眺めながら「鶏ちゃん」を生ビールで押し流した。

メインディッシュはこれからだお。ほほえみの湯に微笑みながら入ると料金が5%OFFになった。んなこたあない。いい湯ですなぁ。下呂と熱海の湯を足してアクエリアスで割って長良川温泉の湯で追い焚きをしたような湯ですなぁ。だから、それはどんな湯なんだ。とにかく僕好みの名湯だった。

合併する前の武儀郡上之保村には「湯上りにゆずソフトクリームを摂らないと懲役3年以下」という条例はない。そりゃそうだ。最初はゆずの香りがプンプンしたが、次第にノーマルに堕ちて行った。

あと10分でご帰宅だと言うのにそこそこの睡魔に襲われた僕は、さくら珈琲の岩地店でそこそこの糖分を摂取した。いい一日だった。こんな日がずっと続けば年間で3102500円も消えていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛の八幡山城とクラブハリエ日牟禮カフェとLU・PANの近江バーガー@滋賀県近江八幡市・彦根市

近江商人の「売り手よし・買い手よし・世間よし」という「三方よし」の経営を学ぶべく「僕よし・俺よし・私よし」という自分勝手を絵に描いたような欠陥だらけの弘道君が近江八幡を訪れたった。致命的な僕は『千成亭八幡堀店』のメンチカツを食い散らしながら八幡山ロープウェーまで歩いた。

八幡山城の山頂にたどり着くと巨大な「LOVE」の文字が・・・。なんじゃこれは!こんなものを見るために来たわけじゃない。なんちゅうミーハーな城なんだ。豊臣秀次が草葉の陰で泣いている。

激おこぷんぷん丸寸前のこの僕がとっとと帰ろうとしたそのとき美しい野面積みの石垣と遭遇した。これよっ、これっ! by マツコ風。これがチョコレートだったら確実にかじりまくっているだろう。

その後、麓に下りると『クラブハリエ日牟禮カフェ』でスコーンと熱い珈琲を満喫した。僕のような英検3級のイングリッシュ・ダンディは甘いジャムを塗りたくったスコーンがそこそこお似合いさ。

しかし、平日の真っ昼間だというのに多くの人出で賑わっていた。お前ら、死ぬ気で働け!便所蜂。

ま、僕も人のことは言えませんけどね。重要文化財の旧西川家住宅の縁側に寝そべって13分くらいボーっと口を開けてポーっと庭を眺めていた。あと7分も延長していたらきっとボケていただろう。そして近江八幡を後にした僕は、ほぼほぼお隣の彦根で列車を降りた。ボーっと口を開けてポーっと城下町を歩いていたらハンバーガー&カフェを発見した。勢いで『LU・PAN』に入ると醤油ソースの「近江バーガー」をむさぼった。さ、みんなで元気よく18742歩のマーチを歌ってご覧なさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あつろう三昧の一日:まったく想定外の黒壁スクエア界隈にて@滋賀県長浜市

一昨日、下品な施設の横にくっ付いているスタバでまったりしている真っ最中に鬼門の大垣方面から「明智光秀に縁がある多羅城に行かない?」と年甲斐もなく絵文字入りのLINEが届いた。うん、お察しのとおり、あつろうだよ。ってことで、午前10時に大垣駅前で待ち合わせた僕たちだった。しかし、よくよく調べてみると多羅城の所在地は不明となっていた。現在、探しているところだと。「ところで多羅城ってさ、所在地が不明なんだけど、今日はどこへ行くの?」「え?不明?マジ?」「んだ」「・・・」。あつろう、あなたってトンチンカンは・・・。結局、仕方ないので長浜城へと向かったまだ加齢臭の僕とほぼ死臭のあつろうだった。長浜城を最大限に楽しいフリで過ごした後、洋食処『味加醐』で「ミックスフライ+Aセット」を堪能し、当然のことながらおごってもらった。「杉山さん、ビールは?」とあつろう。運転手のあつろうに配慮して「あぁ、今日はいいや」と僕。結局は飲まなかったこの僕だが、もう1回くらいこっちの気持ちを察して聞いてみたらどうなんだ。

その後、まだ加齢臭とほぼ死臭の2人は黒壁スクエア界隈をほぼほぼ徘徊に近い状態で歩き回った。すると不思議なことに悪臭の僕たちでも喉が渇いたんだ。ま、生きている証拠だね。何気に雰囲気が良さそうな『Cafe & Pub LONDON』でシフォンケーキを熱い珈琲で押し流した僕の正面でミントをチョビ髭代りにふざけている愉快なあつろう。こんな彼でも来年の5月には還暦を迎えるというから世の中は結構甘い。今、仕事や家庭でお悩みの諸君、この画像をプリントアウトして貼っておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)名鉄百貨店名古屋店と天竜峡と新京亭のカツ丼と飯田城界隈@愛知県名古屋市&長野県飯田市

47都道府県のみなさん、イナゴ食ってますかぁーッ!イナゴを食うオナゴはいかがなものか。ま、それも賛否両論だと思いますよ。はい、昆虫食の実態を調査するべく長野県は飯田市へと高速バスで向かった僕だった。僕の場合、車の運転は100%途中で飽きるため岐阜各務原から高速に乗ったら浜松西が限界なんだよね。で、高速バスの乗車まで余裕があったのでスタバ@名鉄百貨店名古屋店でソイラテをすすって時間を潰した。この店の女性スタッフのスタバ☆スマイルにKO寸前だった僕。

バスに揺られることほぼ2時間で飯田駅に到着したがね。さっそく劇薬レッドの駅舎を撮影しようとさっきからずっとiPhoneを構えているのに右端でボーっと立っている42歳と3か月くらいの女性が僕の目力でもどいてくれなかった。この際だからこの僕の思い出の1ページにタダで入れてあげゆ。

ここまで来たらせっかくなので12時20分の列車に乗り込み天竜峡を目指した。ふ、ところがだ、想像以上にフツーだった。そのため滞在時間は20分だった。ううん、別に怒ってなんかいないよ。

さすがの僕も空腹のクーちゃんになった。この際、フーちゃんでも可。以前、友人の熊八っちゃんに「三匹のブタ野郎」っぽい名前の店を教えてもらったが、歩いては行けない感じだったので飯田駅のすぐ近くにある『新京亭』を訪れた。ほら、ご覧。カツ丼だお。これで並盛だお。ほぼイジメだお。

カツ丼の前に生ビールを飲みながら揚げ餃子を食っていたのでもう無理。それがなくてもほぼ無理。

今回の主たる目的であるところの飯田城界隈を歩いていたら、お腹がピキピキと痛くなってきたので飯田市美術博物館で休憩した僕。ちょっと座っていたら何気に復活!僕の五臓六腑をなめるなよな。

念のため胃の内容物の消化を促進させるべく『七里屋茶房』で熱い珈琲を投入したが、タバコの煙が気になったので早々に切り上げた。いいかげん、タバコなんてやめてもらえませんかねー。そうだ!駅前のピアゴで時間を潰そう♪と足早に行ったらピアゴが潰れていた。ハハハ、ま、ユニーだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うなぎや源内の肝焼き&うなぎ錦糸丼と(S)カインズモール彦根店のカボチャの豆乳割り@滋賀県彦根市

彦根駅に降り立った僕が彦根城を素通りするという行為は、真冬の午後7時に目の前にてんこ盛りに積まれた井村屋先生のあんまんをスルーするのと同じくらい勇気がいる。「おい、弘道君よ。お前の大好物の彦根城だぞ。ほら、寄らなくていいのかよ」と僕の中のS男が刺激すると「あ゛ぁ・・・。これはこれでたまりませんわ゛ぁ。もっとぉ~もっとぉガマンしたひ」と僕の中のM子が反応した。だから、僕は何を言っているのでしょうか。「手が届くのに手を出さない」という楽しみ方もある。とりあえず『うなぎや源内』で肝焼きをプレモルより100円も安いキリンのラガーで押し流した。

君たちには「そろそろ飽食の日々から卒業したらどうなんだ」と説教じみたことを言っておきながら「うなぎ錦糸丼」だぴょん。ハハハ、僕と稲川淳二はいいんだよ。平成最後の栄養失チャーだから。インスタ映えすると言われても鮒寿司のアイスクリームは無理。それに僕、インスタやってないし。

胃の腑に収められた小っちぇ鰻と濃厚な肝を消化しがてら琵琶湖のお隣なのに琵琶湖を一望できないスタバ@カインズモール彦根店まで汗だくになりながらも歩いた。2分後、期間限定の「クリーミーパンプキンフラペチーノ」ウィズアウト・ミルクなもんで豆乳バージョンを鰻と肝に浴びせたった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年パスが欲しくなる滋賀県立琵琶湖博物館と湖の幸の天丼と(S)草津A・SQUARE店@滋賀県草津市

リンゴをかじると歯茎から血は出ないもののなぜか急に列車の旅に出掛けたくなりませんか?お前は新種の病気かよ。そうです、私は病気です。ってことで、JR草津駅で近江鉄道バスに乗り換えると滋賀県立琵琶湖博物館を訪れた。さすが税金を投入しまくっただけのことはある。よく知らんけど。

午前11時。どうせ正午になると混むだろうから早めに食事を楽しむという頭脳プレーを見せた僕。館内の1階にある『にほのうみ』で「湖の幸の天丼」を小っちぇ瓶ビールで一気呵成に押し流した。では、肝心の天ぷらの具材について説明しよう。う~ん、琵琶湖産ブラックバスと琵琶マスだがね。

コロッと忘れていたが、外食で天丼を試すと油が合わないせいか87%の確率で致死量には満たない逆流性食道炎っぽくなる僕がいる。で、ブラックバスの味はと言えば、フツー。ただ、海水の塩分がスパイスとなって絶妙に効いていた気がする。僕が生まれる前から琵琶湖は淡水だったと思うけど。

博物館とは言え、アザラシやチョウザメなど、そこらの水族館より確実に立派でユニークな水槽群が展示されていた。すっげぇ素晴らしい。一日中ずっと居ても飽きないが、2泊3日だとちとつらい。

JR草津駅に戻った僕は、スタバ@草津A・SQUARE店で「ソイラテのホットをショートで。ね」とカッコよく決めたつもりが、あまりに滑舌が悪かったせいか「は、はい?」と丁重に聞き返された。でもね、それなりにいい一日だった。永ちゃん風に言うと「サイコーだね」。ちなみに、永ちゃんは親戚のおじさんのことだけど。この場をお借りして「弘道は元気でやっています」と伝えておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加