日帰借景一覧

「しょぼい」から「すっげぇ」に変身した蒲郡市竹島水族館は圧倒的にいい!

親しみを込めてタケスイと呼ぼう。2005年には入館者数がピーク時の29万人から12万人まで激減したタケスイ。歴史だけは古く建物もボロボロで当然、廃館も検討されたが、あんなことこんなことで踏ん張り2015年には初めて30万人の大台を突破した。その後、さらにグイグイと進化を続けると4ヶ月間のアップグレード休館を経て2018年の元日にリニューアルオープンとなった。水族館プロデューサーという別の顔を3日前から持つこの僕としては当然、行かざるを得ないよね。だから、行ったがね。

蒲郡市が管理・運営を行っているとは言え、入館料がたったの500円だよ。あの名古屋港水族館は2000円、その鳥羽水族館は2500円、昨日今日できたばっかの京都水族館ですら「わてらからすればたったの2050円どすえ」だとよ。手描きのカブトガニのポップ、いいねぇ。実にいい。

飼育スタッフも「魚たちを見る」ばかりではなく「お客さまと触れ合う」ことにも力を注いだ結果、このように飼育スタッフ一人一人にスポットライトを当てている。素晴らしいじゃないですか。

8年ほど前にも訪れているこの僕だが、以前と比べて館内がさらに重厚になったそんな気がした。

当然、君たちもご存じだろうが、これはオーストラリア肺魚@ネオケラトドゥスだよね。だよね?

また「さわりんぷーる」という呼称の魚たちに触れることができるタッチプールにはタカアシガニもいる。でも僕、手が汚れると顔を濡らしたアンパンマンのように確実にパワーがなくなるので今回はタッチはご遠慮させていただきました。

「あなたの立派なウツボさん」だとぉ!ハハハ、ゴメンね。僕、今ではチンアナゴ並みなの(爆)。

で、再入館スタンプを左手の甲に丁寧に押してもらうと逆立ちしても行ける距離、つまりお隣にある小洒落たカフェ『POTTER』でモーニングサービスのパンを熱い珈琲で静かに押し流した僕がいた。

そして、タケスイ再び。吐くほど楽しい。100%うれしい。展示してある淡水魚と海水魚の配分が絶妙にこの僕チックだぜ。全力で頭をいーこいーこしてやるから館長、出てこいや!

そうこうしていると心がない僕でも心が満足した気になって体まで温かくなってきた。そうだ、この調子で豊川稲荷に行こう。で、行ったら時季が時季だけに確実に混んでいた。名物のわさびいなりを楽しみにしていたのに、どの店の前も大行列だったので『カドヤ』の「うなぎ丼(きも吸い付)」を食っただよ。お願いだから感想は聞かないでおくれよ。

食後の恒例行事にスタバ@豊橋ココラフロント店でチョコレートチャンククッキーをトールサイズのソイラテで押し流した。ふ、こんなイケてるジジイが豊橋くんだりのスタバにいるなんて豊橋市民は知る由もなかろう。

今日一日をバシッと振り返っていたらあっと言う間に1時間が経っていた。「ここにしかないものがなければ」見せ方を変えればいい。また「ここにしかないものがあっても」見せ方が悪ければ誰にも気付かれない。つまり、商品なんて粗悪でなければなんでもいい。そもそも今の時代、粗悪な商品のほうが稀少で貴重だろう。海っぺりだというのにイルカがいなくても知恵を絞って頑張るタケスイ。京都の真ん中で資金力にモノを言わせてこれ見よがしにイルカショーを行うキョウスイ。それでは、そろそろ今日の〆に入ろう。だから、京都人は嫌いなんだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JR名松線の伊勢奥津駅と吉平の牡蠣とじ丼と地ビールと@三重県津市・鳥羽市

そのとき僕はドストエフスキーを読んでいなかったことはまず間違いない。2009年10月8日、この地方を大型の台風18号が襲った。甚大なる被害によりJR名松線は完全不通となっていたが、2016年にまさかの復活劇を遂げた。もともと一日の利用者数が100人にも満たなかったゆえにそのまま廃線になるかと思いきや、まさかまさかの大逆転劇。その実態を今さらながら検証するべく一人きり旅の起点となるJR松阪駅へと向かった僕がいた。さぁ、青春18きっぷの旅の始まりだ。

単線一車両は当たり前だが、ほぼ直角とも言える座席がココイチのそれと座り心地まで激似だった。ってことは、滞在時間を短くしたいのだろうか。とにかく腰痛持ちには何気につらいものがあった。

いい意味でも悪い意味でも何も言うことはない風景にしばし見惚れた僕だった。それはこの僕が幼い昭和の頃、くるくると回る洗濯槽を上から見るのと同じ感覚だった。それ、生理的に大好きなんだ。

窓の外に目をやった僕は「新種のアトラクションか?」と漏らしたが、どうやら民家のようだった。よくもまあこんなところに住んでござる。きっとここでしか味わえないハッピーがあるに違いない。

松阪から1時間半をかけて到着した終点の伊勢奥津(いせおきつ)駅。しかし、ここまで乗って来た車両が折り返し松阪に戻るため滞在時間はなんと1分半(爆)。この列車を逃すと何にもないここで2時間以上もボーっと過ごすハメになる。では、そろそろ総括させてもらうと本当に復活する必要があったのだろうか。今回、一緒に乗車していた者たちは、僕と同じくほぼ青春18きっぱーだった。つまり地域住民の足でも何でもないっちゅうこっちゃがな。廃線の話が持ち上がると地域住民たちはあーじゃこーじゃと騒ぎ立てる。が、この有り様だ。莫大な税金を投入してんだから吐くほど使え。

そのままこよなく愛す鳥羽へと向かった。でもね、火曜日ってそこら中のお店がお休みなんだよね。この僕が常連の『○八食堂』も以下同文だった。ま、常連と言っても2回しか入ったことないけど。

そこで必死こいて走り回ったら鳥羽一番街の3階のレストラン街はちゃんと開いていた。駆け込んだ『吉平』で「牡蠣とじ丼」と地ビールを注文した僕がいた。サクッと美味しくいただきましたとさ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

須磨海浜水族園と北野異人館街と人生をやり直したいと思えたスタバと

江ノ島と江の島の違いは地元民でもはっきりしないらしいが、三ノ宮と三宮もまったく紛らわしいというか鬱陶しい。そんな1円にもならんことが頭の中を駆け巡った27分後、JR須磨海浜公園駅に到着した僕だった。この女性↓が飛び降りへんかしゃんとスマホをずっと構えていた僕だが案の定、飛び降りへんかったがね。

ゆっくり歩いて12分後、須磨海浜水族園にたどり着いた。いいですねぇ、水族館はワクワクする。動物園はヒリヒリする。動物園ってなんとなくナノ単位の細かいダニがこっちに飛散して来るそんな気がする僕がいる。ゴメンね、アニマルたち。

大好きな水族館を神社で例えると、アクア・トトは別格の伊勢神宮で名古屋港水族館は出雲大社だ。だから、なんで神社で例えるのでしょうか。ハハハ、知らんがな。ま、事の成り行きだ。

そして、須磨海浜水族園は伏見稲荷大社だろう。うん、ちょっとビミョー。でも、このアマゾン館があるから外国人観光客から絶大な人気を誇る超メジャーな神社を勝ち取ったんだよ。

巨大なピラルクーが頭上を悠々と泳いでいる様は圧巻だぜ。それなのに、幼い子を連れた若い父親が「わ、気持ち悪ぃ」を連発していたので「だったら出てけ、早よ帰れ!」と聞こえるか聞こえないかくらいの声で吐き捨てたった。こっちはピラルクーたちと楽しくお話をしているんだよ。

ずっと魚を見ていたら一人前の完食がキツイこの僕でもさすがに腹が減って来た。そこで園内にある『和楽園』で「ロースカツ膳定食」を食ったった。魚じゃなくて申し訳ありません。それにしても超フツーのメニューだった。そこらにあるレストランとまったく同じで笑えた。せっかく水族館の施設内にあるんだから、もっと工夫を凝らせばいいのに・・・というか、工夫を凝らさんといかんだろ。

で、三ノ宮まで戻ると生田神社で参拝した。ちなみに、生田神社を水族館で例えると日本で最も古い魚津水族館だろうか。陣内智則さん、藤原紀香さんにはそれぞれ別個で幸せになっていただきたい。

この僕も必要以上に幸せになりたいの。地味に地道に足と腰に来る坂道を登ると北野異人館街を歩き回った。最近は重い画像を管理するのも面倒なのですべてGoogle Mapsにアップしている僕がいる。

スタバ@神戸北野異人館店でソイラテを飲むのを楽しみにしていたこの僕だが、現存している東洋系の異人さん観光客たちで溢れ返っていたので断念した。物理的にも肩を落としてトボトボとしばらく歩いていたら「ここにもあるじゃん!」とスタバ@中山手通2丁目店に飛び込んだ。

女性スタッフはとても明るく、かつクレバーな雰囲気で大いに好感を持てた。「珈琲ならイースト・ティモール・ピーベリーがお勧めですよ」「じゃあ、それとアップルパイを」「東ティモールは一番新しい独立国ですよ」「うん、知ってる。僕の先祖はそこ出身なの」「え?」「ウソウソ」。2人で「ハハハ、ハハハァ~♪」。真剣にもう一度、人生をやり直したいと思えてしまった相手だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木曽福島の観光価値は郡上八幡の37%

だからと言って悲観しないでほしい。大垣や羽島と比べれば178%だろう。真冬は-10℃となり真夏は30℃を超えるという地域全体が昭和末期のプレハブ小屋のような木曽福島を一人きり訪れた僕がいた。死ぬほど寒いと思ったが、軽く気を失う程度だった。失わんかったけど。

下の段にあっても観光名所の上の段地区だが、個人的には丸太のようにド太い鯉が悠々と泳いでいる郡上八幡の「いがわ小径」のほうがお気に入りだ。

これまた観光名所の崖屋造りの家並みだ。木曽川に張り出した光景が壮絶だが、建築基準法や消防法との兼ね合いはどうなっているのだろうか。と、心配しているフリをしている僕だが、郡上八幡には吉田川に張り出した『新橋亭』がある。

ここは信州。となれば、やはり蕎麦を食いたい。そーいう定番の衝動に駆られた僕は『とちの屋』の暖簾をくぐった。でもね、ロケーションだったら郡上八幡の『そばの平甚』は最高さ。

5~6分半後、天ぷらそばが目の前に現れたとき「どんだけでかいにんじんを食わせるんじゃ!」と心の中で叫んだ僕だった。それにピーマンもサツマイモもムダにでかいの。やはり僕は蕎麦より鰻にしておくべきだったよ。鰻と言えば、郡上八幡の『魚寅』は素晴らしい。

ハードなボイルダーは食後にルイボスティーか熱い珈琲を飲まなければタフな男にはなれないと信じているかどうかは別にして観光案内所で教えてもらった『トマト』という喫茶店で熱い珈琲とカチンカチンに凍ったチーズケーキを食べた。個人的には郡上八幡の『清水珈琲』のレトロなグッズで埋め尽くされた内装に興味津津だ。

あまりに時間が余ったのでもう一度、上の段地区へ足を運んだ。すると大通寺に続く小路を発掘した僕だった。おぉ!ここは郡上八幡の「やなか水のこみち」と双璧だな。やるじゃないか木曽福島君。

そんなこんなで木曽福島界隈を散策しまくったった。そして、その帰り『梅園菓子舗』のどら焼きを買うためだけにJR多治見駅で途中下車した僕だった。案の定、太多線の車内で我慢できずにむさぼり食ってしまった僕がいた。以上、適度な自然に囲まれた人情味あふれる郡上八幡レポートでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沼津港深海水族館と沼津バーガーとどうよ?富士山よ

さぁ、風邪でうだうだしていたせいで出遅れてしまった青春18きっぱーの旅の開幕だ。そこでだ、今回は沼津三昧といこうじゃないか木下君。以前にも言ったが、この僕の過去にも現在にも未来にも木下という名の友人はいない。もし君が木下氏ならば残念ちゃん。で、沼津までは往復約9時間だ。往復5時間以内なら「あっと言う間」のこの僕だが、それが10時間以内となると「おっと言う間」にバージョンアップするんだ。うん、日帰り旅はちょっちツライって感じ。12時55分に到着した沼津駅はほぼ大垣駅と同じレベルだった。これは決して褒め言葉なんかじゃないから念のため。

まずは駅から歩いて5~6分の場所に沼津城がひっそりとあった。これまた何度も言うが「城址」や「城跡」ではないの「城」なの。天守があろうがなかろうが、そこはお城なの。ちなみに「天守閣」じゃないの「天守」なの。安土城だけは「天主」なの。

そんな大胆なひとり言をつぶやきながら一人、狩野川を眺めた。僕は川が好きだ。革も好きだ。

ってことで、駅から歩くこと約20分。今回の主たる目的であるところの沼津港深海水族館に確実に着いた。第一印象は、生徒が多過ぎるために突貫工事で建てられた藍川中学校のプレハブ校舎かよ!ってところだろうか。まあいい。

深海というだけあって物理的に真っ暗だった。ま、お先真っ暗よりはずっとマシだけど。

そして、ザ・シーラカンスだ。冷凍とは言え、ガラス越しに本物のシーラカンスと対峙できるなんて素晴らしいじゃないか木下君。

小学6年の図工の時間に木版を彫る授業があったが、その際にシーラカンスを彫ったくらいすっげぇ思い入れが強いこの僕は必要以上に感慨にふけった。だって、シーラカンスだよ。

そうは言っても歩き回ったせいで30デシリットルくらい腹が減った。そこでお隣にある『沼津バーガー』で「まぐろバーガー」を食べた僕だった。が、正直、ここは漁港ゆえに周りには嫌というほど新鮮な魚を食わせてくれる店が並んでいるので、そこらへんで海鮮丼でも食べるべきだったよ。この店にはビールもないしね。

ハンバーガーにコーヒーだぜ。どうよ?富士山よ。朝、目覚めたら富士山がそこにフツーにある生活はどんなだろう?と考えたことなど一度もない。だって、こっちには金華山があるじゃん。「あぁ、岐阜城だ」と朝っぱらからはっきりとした滑舌でご発声したことなど一度もない僕。それと同じだ。

午後8時、そうこうしているうちに岐阜駅に着いた僕だった。やっぱ中途半端に暮らしやすい岐阜が好き。だって、生中が390円だよ。

ハイボールは290円だよ。そこでひとつ提案なんだが、君たちも岐阜に住んでみないか?その頃の僕はと言えば、石垣島に移住していると思うけど大和田(爆)。あとは君たちに任せた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新種の恐竜のような施設名のアクアイグニスと四日市飯店と僕

それもそうだが、近鉄湯の山線に乗るのも主たる目的の上から2番目だった。

スタバ@アピタ四日市店でアップルパイを食べたが、もう当分はいいだろう。糖分はいいが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

揚輝荘と聴松閣と虫ちゃんとマ・メゾンと

ある雑誌(おそらく『ノジュール』だけど)で揚輝荘の存在を知り、どうしても当時の空気に触れてみたくなって訪れた想像以上にメルヘンチッカーのこの僕だった。と、その日がたまたま100年記念だったらしく、左足から入館するや否やボランティアスタッフの方から両口屋是清のどら焼きをいただいてしまった。ありがとうございます。ここが名古屋の迎賓館として使われていたというのは大いに納得で、やはり当時の建物は荘厳&豪華 with あまりに絢爛過ぎた。特に地下が嗚咽するくらい秀逸だった。また日泰寺など覚王山界隈をぷらぷら散策した際には是非とも訪れたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そうだ 大してやることもないから長浜、行こう。

電車の中でスキップしたくなるほどルンルン気分で出掛けたら、なんとあろうことか長浜城は臨時休館だったがや。オぅマイガ~ッド!あ~んどアンビリーバボぉーうぃずガッテム!まあいい。他に楽しみはいくらでもある。そこが長浜ちゅうところだぜ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田市美術館と七州城と不朽園とマ・メゾンと

奈良美智と遭遇するために豊田市まで出掛けたが、お盆休みも終わった平日だっちゅうのに凄まじい混雑ぶりだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼下にはアピタ小牧店がある小牧山城

正月、ゴールデンウィーク、お盆という悪しき大型連休のある時期は、決まって細野あっちゃんから「どうせヒマでしょ。どっか行かへん?」とお誘いがある。放っておけばいいのに、それにイチイチ応えてしまう僕がいる。ってことで、今回は近場の小牧山城を攻めたった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加