日帰借景一覧

それなりに濃い一宮界隈

「おぉ!やればできるじゃないか」というが率直な感想だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桑名城と七里の渡と六華苑とサンマルクカフェ

まだ2人目の孫は生まれそうもないらしいので気分転換に桑名界隈をいつもの日帰り旅よりは大股の焦った感じで早歩きで散策しまくった僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


何気に気に入っている寂れた一宮市界隈と真清田神社

尾張の国の一之宮がある一宮市にある一之宮の真清田神社に2人目の孫の安産祈願も兼ねて参った。ちなみに、真澄田神社ではなく真清田神社が正しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


快晴の郡上八幡をルンルン気分で何気に満喫~♪

朝、目覚めたら「郡上八幡へ行こう!」と叫んだかどうかは覚えていないが、とにかく無性に行きたくなった僕がいた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青空フリーパスを使って二見浦から鳥羽までご堪能!

説明しよう、青空フリーパスとはJR東海が発売している土日限定のエリア限定乗り放題券のことだ。致命的なのは平日に使えないっちゅうこっちゃがな。もう混雑はゴメンだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文化のみちで大正ロマンをご満喫

雑誌『ノジュール』で目にしてから行きたくてたまらない衝動にかられた文化のみちを満喫した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金閣寺の裏側

例の如く、大垣の魔物@細野あっちゃんからお誘いを受けた僕は、疑いたくなる人間性ワースト1@京都人がうごめく京都へと向かった。京都は好きだが京都人はちょっと苦手どすえ。しかしながら『ブラタモリ』の京都案内人に金閣寺をはじめあんなとここんなとこを案内してもらうためにそそくさと向かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自慢のレベルが超低い気持ち悪い奴ら

今回は「自慢のレベルが超低い気持ち悪い奴ら」の具体例をザッと紹介しよう。ハハハ、残念ながらすべて実話だよ。「拳銃に触ったことはあるけど使ったことはないからね」。すごいねぇ。でもね、まともな人間はそっちの世界には足を踏み入れないよ。「ホステスやってるけど一度も囲われたことなんかないわ」。すごいねぇ。でもね、フツーの人間はそっちの世界には足を踏み入れないよ。「俺ってニュースキンでブルーダイヤモンドまで上りつめたぜ」。すごいねぇ。でもね、分別のある人間はそっちの世界には足を踏み入れないよ。「我が社の目標は上場です」。すごいねぇ。でもね、先の読める社長はそっちの世界には目もくれないよ。「結局、上場どころかすべて失ったので南宮大社の近くで首を吊ろうとしたけど思いとどまりました」。すごいねぇ。でもね、まともな人間はこっちの世界がすべてだお。「SNSで友達がたくさんできたわ」。すごいねぇ。でもね、頭のいい人間は虚構の世界のクズなど相手にしないよ。だから、

で、名古屋市博物館で「シュリーマン展」を堪能した芸術センスが2リットルくらいあふれる僕は、その後に愛知県美術館で「ゴッホとゴーギャン展」を大いに満喫した。すっげぇ充実してよかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加